最新の全国映画動員ランキングトップ10(5月29日・30日、興行通信社調べ)は、『るろうに剣心 最終章 The Final』が土日2日間で動員7万8000人、興収1億1400万円をあげ、公開から6週目にして初の首位を獲得した。累計では動員226万人、興収31億円を突破。今月4日にはシリーズ完結編となる『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が公開となる。

【動画】Takaが『るろうに剣心』への思いを語るインタビュー映像

 先週3位でスタートを切った『地獄の花園』は土日2日間で動員6万3000人、興収8600万円をあげ2位に浮上。先週首位スタートの『いのちの停車場』は2ランクダウンの3位となっている。公開から7週目を迎えた『名探偵コナン 緋色の弾丸』はワンランクアップの4位に。累計では動員470万人、興収65億円を突破した。

 新作ではディズニー映画『クルエラ』が6位に初登場。ディズニーアニメ―ション『101匹わんちゃん』に登場するディズニー史上最も悪名高き “ヴィラン”(悪役)であり、アイコニックな白黒ファッションでも有名な“クルエラ”の誕生秘話を、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞したエマ・ストーン主演で実写映画化。監督は『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のクレイグ・ギレスピー。共演はエマ・トンプソン、ポール・ウォルター・ハウザー、マーク・ストロングほか。日本語吹替版では柴咲コウがクルエラ役を務めている。

 柳楽優弥と田中泯のダブル主演でそれぞれ若き日と老年期の葛飾北斎を演じる『HOKUSAI』は7位のスタートとなった。謎に包まれた北斎の生涯を、歴史的事実をつなぎ合わせたオリジナルストーリーで描く。共演は阿部寛、永山瑛太、玉木宏ほか。監督は『探偵はBARにいる』の橋本一。

 そのほか新作ではラッセル・クロウがあおり運転常習者を演じたアクションスリラー『アオラレ』が9位でスタート。共演はカレン・ピストリアス、ガブリエル・ベイトマンほか。監督はデリック・ボルテ。

 8位の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は累計で動員563万人、興収86.1億円を突破。歴代興収ランキングは63位となっている。

 昨年10月16日の公開から32週間トップ10内に留まり続け、先週累計興収400億円突破を成し遂げた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は33週目にして初の圏外となった。

■全国映画動員ランキングトップ10(5月29日・30日)
1(前週4)るろうに剣心 最終章 The Final(公開週6)
2(3)地獄の花園(2)
3(1)いのちの停車場(2)
4(5)名探偵コナン 緋色の弾丸(7)
5(2)美しき誘惑~現代の「画皮」~(3)
6(NEW)クルエラ(1)
7(NEW)HOKUSAI(1)
8(6)シン・エヴァンゲリオン劇場版(12)
9(NEW)アオラレ(1)
10(7)劇場版Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 後編Paladin; Agateram(3)
※11(8)劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(33)