韓国5人組グループ・TOMORROW X TOGETHERが5月31日、2ndアルバム『The Chaos Chapter: FREEZE』発売を記念したメディアショーケースを開催した。

【写真全21枚】スーツ姿で会見に挑んだTXT 個別ショット&パフォーマンスも

 TOMORROW X TOGETHERは、リーダーのSOOBIN、YEONJUN、BEOMGYU、TAEHYUN、HUENINGKAIの5人組。世界的人気を誇るBTSと同じ所属事務所としてデビュー前から注目を集め、2019年3月にデビューした。

 前作から約7ヶ月ぶりとなった『The Chaos Chapter: FREEZE』は“The Dream Chapter”に次ぐ新しいシリーズ“The Chaos Chapter”の序幕を飾るアルバムで、世界の襲撃で凍ってしまった少年の物語を盛り込んでいる。

 今回のアルバムには5人のメンバー全員が楽曲作業に参加。SOOBINが作詞に参加した「Ice Cream」、YEONJUN・TAEHYUN・BEOMGYUが作詞に参加した「What If I Had Been That PUMA」、YEONJUN・HUENINGKAI・BEOMGYU・TAEHYUNが作詞に参加した「No Rules」、TAEHYUNが作曲・作詞に参加し、HUENINGKAIが作詞とともにデビュー以来初めてプロデュースに参加した「Dear Sputnik」、YEONJUNが作詞に参加した「Frost」と、メンバー自ら多くの楽曲を手掛けている。制作を振り返り、BEOMGYUは「僕たちが大好きだった方々と作業できて光栄でした。曲によく似合うプロデューサーと一緒作業でき、僕たちも表現できる感情が多くなったと思います」と刺激を受けたという。

 それぞれが制作した楽曲について話題がおよび、SOOBINは「TOMORROW X TOGETHEができる話を盛り込もうとした。もっとたくさんの方に共感していただけるのでは。マインドマップを描いて、自分が考えられる全ての語彙をたくさん書いてから選ぶを言う方法で制作した。悪童のような歌詞を楽しく聴いてくだされば」と説明。

 BEOMGYUは「皆さん、2つのうち1つを選ぶ“BALANCE GAME”を楽しむと思う。そこからモチーフを得て、人生で1つだけ選択する場合を考えて曲を書いてみた。僕もこのような選択の瞬間があったのだろうか、だとしたらどんな感情を感じたのか、考えて歌詞を書いた」に込めた思いを語った。一方、TAEHYUNは「「No Rukes」はコロナのパンデミック以降、ルールがなくったことが新しい規則になった世の中における 10代の物語が盛り込まれています。現在を生きる多くの方々が共感していただけるのではないかと思います」と世相を反映した内容になっていると明かした。

 HUENINGKAIは「Dear Sputnik」について、「小さい頃から使っていたプログラムでデモを作った。確信がなかったので、『サンプルでつくりました』と会社に送った。すごくいい反応を頂いて、そこから少しずつデベロップしてこのアルバムに入るようになった」とし、「いつかコンサートするようになったらMOAの方たちと歌いたい」と笑みを浮かべた。YEONJUNは「Frost」が「自分に与えられた運命に初めて気づいて、混乱する少年の心を霜に例え表現した曲です」と解説。「強烈なサウンドと僕たちの実験的なボーカルサウンドが魅力的な曲です」とアピールした。

 またアルバムにはグループ初の英語曲「Magic」も収録。YEONJUNは「僕たちを愛してくださる世界のファンにプレゼントをしたいと思い、この曲をつくりました」と意図を明かし、「新しいチャレンジであるだけに、より良い曲を完成させたいと思いました。MOAのみなさん喜んでくだされば」と願った。BEOMGYUは「英語曲だけに、片言に聴こえないよう発音に気をつけた。MOAが喜んでくださることが楽しみ。反応がどうかも気になります」と本音を漏らしていた。