俳優の唐沢寿明が、7月10日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(毎週土曜 後10:00)のクランクインを迎えた。主人公の敏腕刑事・樋口彰吾役の唐沢は、初日から、いきなり今回登場する最凶最悪のダークヒーローとのアクションシーンに参加。全力疾走で追い、戦い、また追いかける、とハードなシーンの連続であったが、キレのある動きで大いなる見せ場を作っていった。

【場面写真】真木よう子も手錠を手に…アクションシーンから撮入

 今作は、2019年7月期放送の連ドラ第1弾の続編。通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を掲げる緊急指令室“ECU”の活躍を描いたタイムリミットサスペンス。唐沢、、緊急指令室の室長でボイスプロファイラー“声紋分析官”橘ひかり役として真木よう子、彰吾の相棒・石川透役の増田貴久(NEWS)も続投する。

 「体幹トレーニングなど体作りはしてきた」と語った唐沢は無事、撮影を終え「思っていたより大変でしたね」と語りつつ、「今回の敵はかなり手強い」と今後の戦いへ向けて、完全に身も心もスイッチが入った様子。「スタッフがほぼ一緒だったのでやりやすく、初日という感じがしなかったです。永遠にやっている感じ。(笑)この雰囲気なら、きっと面白い作品になる。期待して下さい!!」と手応えをにじませる。

 一方、唐沢とは別のシーンで真木も撮影をスタート。こちらもいきなり、凶器をもった男とのアクションシーン。自宅で出来るトレーニングを積んで万全のコンディションでこの日を迎えていた真木は、2年ぶりの現場に「前回とほとんど同じスタッフだったので、安心して入れた」とスムーズに演技に集中出来たよう。今回は、ひかりに“恋愛要素”も加わることを明らかにし、「また同じ作品をみんなで作れるのがうれしく、熱中症の対策をしながら、現場ではなるべく楽しくやっていきたいです!」と意気込んでいる。

■キャストコメント

<唐沢寿明>
いやぁ、思っていたより大変でしたね。(笑)台詞のあるシーンは少なくて、初日からアクションシーンがあったので、またハードな撮影が始まったなと。今回の敵は、身軽でキビキビしていて、かなり手強い。しかもピョンピョン逃げる。殴ったり蹴ったりではなく追わないといけない。一体こいつは何なんだと、謎の男に振り回される。見ている方は楽しめるんじゃないでしょうか、動きがありますから。体幹トレーニングなど体作りはしてきたので、これから徐々に慣れていくと思います。2年ぶりの『ボイス』ですが、スタッフがほぼ一緒だったのでやりやすく、初日という感じがしなかったです。永遠にやっている感じ。(笑)この雰囲気なら、きっと面白い作品になる。期待して下さい!!

<真木よう子>
初日は、唐沢さん、増田さんがいないところでのアクションシーンだったので不思議な感覚でした。クランクインまでは、アクションシーンに向けて、自宅で出来る筋トレ、柔軟運動、体幹トレーニングなどをやって過ごしていました。前日は緊張しましたが良く眠れました。前回とほとんど同じスタッフだったので、安心して入れたのかもしれません。でも「コードO」という台詞を言った時には、急に『ボイス』の世界が蘇って来ました。ただ今回は前回の『ボイス』では無かった恋愛要素もあるので新鮮な気持ちです。幸せな感じではないですが…(笑)また同じ作品をみんなで作れるのが嬉しく、熱中症の対策をしながら、現場ではなるべく楽しくやっていきたいです!