女優の黒島結菜がヒロインを務める、NHKの2022年前期連続テレビ小説『ちむどんどん』に、大森南朋が出演することが1日、NHKドラマ公式ツイッターなどで発表された。

【写真】『ちむどんどん』のヒロイン・比嘉暢子を演じる黒島結菜

 来年2022年に本土復帰50年となる沖縄が舞台。黒島は、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」のサトウキビ農家の次女として育つ比嘉暢子(のぶこ)を演じる。物語は、本土復帰前の1960年代からスタート。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は、東京へ。レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。

 大森が演じるのは、暢子の父・賢三。唄三線が好きな穏やかな父親で、大森は「家族を愛し、唄三線を愛し、真っ直ぐに生きてきた人なのかな? 時代にさいなまれながら生きてきた彼には許せない思いも、揺るぎない思いもあったのだと想像できます。そんな人間には惹かれます」とコメント。

 続けて「まだなにも始まっていないので、正確には答えられませんが、『タイトル』『脚本』『共演者』『スタッフ』そんなヒントとなるワードたちに囲まれながら、いつもより早めにワクワクしております」と出演を喜んでいる。

 この日は、ヒロインの父、母、4つ上のニーニー(兄)、3つ上のネーネー(姉)、妹の家族のキャストを発表。翌週には、沖縄の人々、再来週には暢子が上京して、東京や横浜・鶴見で出会う人などが発表される。

 脚本は、連続テレビ小説『マッサン』やドラマ『昭和元禄落語心中』などを手掛けている羽原大介氏。語りはジョン・カビラが担当する。クランクインは今秋予定。