女優の柳ゆり菜(27)が1日、自身のツイッターを更新。同日より声優の小野賢章や、俳優の濱津隆之らが在籍する「アニモプロデュース」に所属したことを報告した。

【写真】新アー写とともに新事務所所属を発表した柳ゆり菜

 柳は「皆様にご報告です。2021年6月1日より、アニモプロデュースに所属させて頂きます」と伝え「私にとってとても大切な映画の世界を、身近で学ばせて頂ける環境に身を置ける事、とても嬉しく思います。出会いに感謝致します」と記した。

 続けて「関係者の皆様今後のお仕事のお問い合わせは、アニモプロデュースまでよろしくお願い申し上げます」とし「女優柳ゆり菜として精進してまいります。これからも応援よろしくお願い致します!」と決意を新たにした。

 柳は、2014年、映画『うわこい』で映画初出演にして初主演を務め、同年NHK朝ドラ『マッサン』でのポスター・モデル役で話題に。18年、ヒロインを演じた『純平、考え直せ』がモントリオール世界映画祭に正式出品。20年公開の映画『無頼』でもヒロインを演じ、映画・ドラマを中心に活躍の幅を広げている。

 今年4月1日には、ツイッターを通じて、エヴァー・グリーンエンターテイメント退社を発表。「当面のところ、お仕事の問い合わせ等はDMまたはGmailにお願い致します」とつづり「私にとって、とても前向きな決断です。支えてくれる方々への感謝を忘れずに、邁進していきます! これからも柳ゆり菜をよろしくお願い申し上げます」と呼びかけていた。