女優の浅田美代子が5月31日、都内で行われた映画批評家らが優れた人材や作品を表彰する『第30回日本映画批評家大賞』授賞式に登場した。

【動画】のん「私をくいとめて」主演女優賞受賞 『第30回日本映画批評家大賞』

 映画『朝が来る』で助演女優賞を女優し、「あの、この度は…」と涙を拭いながら「役者として賞をいただき、とてもうれしいです!」と喜びを語った。

 この日は着物姿で登場した浅田。特別な思いがあるそうで「今回は、(樹木)希林さんの着物を着てきました!」とにっこり。浅田と樹木希林さんの関係性は深く、希林さんが自ら企画した最初で最後の映画『エリカ38』で主演を務めていたことから、その恩もあり着てきたと打ち明け「長い間、(女優業を)してきて、初めての賞をいただき、とにかくうれしい気持ちです」と話した。