世界で最も売れた格闘ゲームの一つで、激しすぎるバトルと相手にトドメを刺すシリーズ定番描写である“フェイタリティ”の残虐さを理由に、日本では現在未発売となっているゲームシリーズを映画化した『モータルコンバット』(6月18日公開)。きょうは、禁断の死闘“モータルコンバット”の中でも最もアツくなるベストバウトと呼ぶに相応しい【スコーピオン(真田広之)VSサブ・ゼロ(ジョー・タスリム)】の激しいアクションシーンを収めた特別映像が解禁された。

【動画】スコーピオン(真田広之)VSサブ・ゼロ(ジョー・タスリム)

 太古より開催されてきた世界の命運を懸けた禁断の死闘“モータルコンバット”。この壮絶なトーナメントで地球上の選ばれし戦士たちと魔界最強の刺客たちが見せる闘いの中で最もアツく、手に汗握る激しいバトルを繰り広げるのが、【スコーピオンVSサブ・ゼロ】だ。

 この因縁の敵同士である二人に対してはSNS上でも「真田広之さん演じるスコーピオンやサブ・ゼロ、「フェイタリティ」の再現度合いが楽しみです!」、「予告映像のサブ・ゼロVSスコーピオン良さげ。期待が深まる!」と注目が集まっている。

 今回解禁となった映像は、氷の力を操る魔界最強の戦士“サブ・ゼロ”と激しく火花を散らしている “スコーピオン”の鬼気迫る姿が映し出されており、人間界の戦士たちと魔界最強の刺客たちの想像を超えた死闘を予感させる仕上がりとなっている。

 そんな迫力あるアクションシーンを作り上げたチームを率いたのがスタントコーディネーターのカイル・ガーディナーと格闘シーン振付師のチャン・グリフィン。ガーディナーは「アクション映画の伝説的存在である真田広之と一緒に仕事ができたことは夢のようであり、真田について究極のプロフェッショナルだと感じた」と真田との仕事に喜びを語り、「ジョー・タスリムのスピード感と激しい動きは見ていて楽しかったよ。彼はこの映画の中で最も邪悪なサイコパスを演じた」とサブ・ゼロという最強最悪の敵を演じ切ったタスリムのことも絶賛。

 劇中では解禁となったシーンだけではなく、映画、テレビ、格闘技とさまざまな分野で活躍する世界各国のキャストたちたちの凄まじいアクションと見事なキャラクター再現度、ハリウッドの精鋭たちがプライドをかけて作り上げた“フェイタリティ”描写あふれる映像に、観客の目は釘付けになること必至だ。