お笑いタレントの板尾創路が、6月7日放送のフジテレビ系月9ドラマ『イチケイのカラス』(毎週月曜 後9:00)第10話にゲスト出演することが5月31日、わかった。『監察医 朝顔(第2シリーズ)』(2020~2021年)で演じた法医学者・藤堂雅史の好演も記憶に新しい板尾が、2作連続で月9ドラマ出演を果たす。

【場面カット】『イチケイのカラス』法廷シーン

 今作は民放連続ドラマとしては初となる、刑事裁判官が主人公の爽快リーガルエンターテインメント。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を舞台に、竹野内豊が入間みちお、黒木華がみちおと真逆の堅物タイプな裁判官・坂間千鶴をそれぞれ演じている。

 第10話でみちおたちが合議制で扱うのは、ホームレスの男(板尾)が起こした傷害事件。路上生活者に対する高校生たちの執拗(しつよう)な投石に腹を立てた被告人が、犯行メンバーの一人・朝倉純(あさくら・じゅん/小野寺晃良)を捕まえて揉(も)み合いになった際、朝倉が所持していたスパナを奪って胸を殴打し、重傷を負わせた。

 みちおの元弁護士仲間の青山瑞希(板谷由夏)が被告人の国選弁護士となるが、弁護人の青山ですら被告人の氏名や素性を全く把握できていない状況だった。被告人が“名無し”のまま始まった公判。そこで被告人は起訴内容を真っ向から否認。みちおは被告人と被害者の食い違う主張を明らかにするため、裁判所主導の現場検証に踏み出す。

 今回の出演を受けて、板尾は「『監察医 朝顔』をクランクアップしてすぐに、このドラマのオファーをいただきました。連続して同じ月9ドラマ枠の作品に出ていいのかなという戸惑いもありましたが、今となっては大変感謝しています。とにかく謎、謎、謎の被告人を演じるのが毎日楽しくて最高でした。次の7月期の月9も、オファーをお待ちしています」と呼びかけている。