コロナ禍でのおうち時間を利用して、ガンプラモデラーに復帰したというマサト(@0323_0121)さん。キットを忠実に作る合間に遊びで『スーパーマリオ』『アンパンマン』などの人気ゲーム、アニメ作品のキャラクターを表現。海外からも賞賛されるなど、SNSで話題を呼んでいる。こうした作品を作るようになった背景には、マサトさんのある特徴が関係していた。

【写真】マリオとルイージの再現度もすごい…これがガンプラ!? 驚きの作品たち

■すべての始まりは、ザクのスパイクアーマーがトゲゾーに見えたこと

――ツイッターで、ガンプラを使って、他のアニメ作品のキャラクターを見事に表現された作品が多数見られます。このような作品を作るに至ったきっかけをお教えください。

【マサト】きっかけはザクのスパイクアーマーを見たときに、マリオシリーズに登場するトゲゾーに見えたことですね。私は、一度そう思うと、それにしか見えなくなってしまうもので…。『ザクでマリオを作る!』と決めたのも、ザクのボディの特徴が、見事にマリオのオーバーオールの形になっていたから。そう見えてしまったんですよね(笑)。

――形状やカラーリングを生かし、実に見事に表現されていますね。

【マサト】ありがとうございます。もちろん、普通に設定通りに作るときもあります。でも私にはプロモデラーほどの技術はありません。なので、「リアルもいいけど、ふざけた作品も楽しいかな?」と思いました。作品を見てくださる皆さんが笑顔になってもらえるような作品を…と考えると、「このキットは何かに出来る」とか、テレビでアニメを観ていても「これならガンプラで作れる」など、自然に閃いてしまいますね。それと皆さんに喜んでもらうことが第一ですので、誰もが知っているキャラをモチーフにすることも大切だと思っています。

――まさに「#ガンプラはどんな自由な発想で作ってもいいんだ」を地でいく、素晴らしい作品だと思います。反響も大きいですよね?

【マサト】そうですね。特にマリオシリーズの作品は、海外の方からもたくさんコメントを頂きました。マリオもガンダムも全世界の方々に本当に愛されている作品だと、あらためて実感しています。

■モノアイを鼻に見立て、アッガイがカレーパンマンに

――数ある作品のなかでも、特にアッガイを使ったカレーパンマンは見事でした。本作は、どのような時にアイデアが浮かび、制作に至ったのですか?

【マサト】ガンプラの売り場にアッガイが置いてありまして、買おうか迷ってじっくり見ていたんです。そしたら、アッガイの顔の形がカレーパンマンに見えてきました。何度もいいますが、一度思ってしまうとそれにしか見えなくなりますので…(笑)。正式名称は『カレーパンマン専用アッガイ』です。4日くらいで制作しました。

――制作時に最もこだわったところ、最も苦労したところをそれぞれお教えください。

【マサト】こだわりは頭の形から目の配置、鼻の配置をどういかせるか、というところで、モノアイを鼻に見立てました。苦労したのはマントの表現ですね。プラスチックでの表現は非常に難しいと思い、いろいろと考えた結果、布を使おうと思いました。本当はプラモデルなのでプラスチックで表現したかったのですが、フェルトで表現しました。そのマントも「なびいているように見せるためにどうするか?」を考えました。結果ワイヤーをフェルトの中に入れました。

――ガンプラを制作するうえで大切にしていることは?

【マサト】自分が制作するときのこととは少し違うのですが、最近“巣ごもり”需要からか、ガンプラは人気で品薄状態が続いています。「皆さんが楽しめるように早く品薄状態から脱出できないか?」を常に考えております。今は転売屋が多い中、楽しみたいけど高価になって手が出せないって人も多いです。そういう人達のために、少しでもキットなどの情報を共有出来る場を作れないか。ということで、『team K.L.M.R』というサークルを作りました。まだメンバーは少ないですが、皆でガンプラを楽しめるように努力しようと思っています。

――自分のことだけではなく、ガンプラを愛するモデラーさんたちのために素晴らしいですね。最後になりますが、マサトさんにとって「ガンプラ」とは?

【マサト】笑顔になれる一つのツールだと思っています。手に入れた時、完成した時、作品を見て頂いた時、その方々が浮かべる笑顔。それぞれに嬉しさがこみ上げてきます。ガンプラは、笑顔を生んでくれる大切なものですね。キャラもののガンプラも、また閃くと思うので、作ると思います(笑)。