俳優の西島秀俊が主演、濱田岳が共演する、テレビ東京系の新連続ドラマ『シェフは名探偵』(毎週月曜 後11:06 ※初回5分拡大)が、きょう31日にスタートする。

【写真】神尾佑&石井杏奈も登場 第1話場面カット

 今作で主演の西島は、小さなフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」のシェフ・三舟忍を演じる。冷静沈着そして穏やか、一見何を考えているかわからない。でも実はすぐにお節介を焼いてしまうシェフの三舟が、人並み外れた洞察力と推理力で、訪れた客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎を解くグルメミステリードラマを展開していく。

 そんな異色シェフの三舟を取り巻く個性豊かな顔ぶれとして、「ビストロ・パ・マル」で一番新人のギャルソン・高築智行を濱田岳、三舟の片腕を務めるスーシェフ(副料理長)・志村洋二を神尾佑、ワイン好きが高じてOLからソムリエに転職した金子ゆきを石井杏奈が演じる。

 このほど応じたオンラインインタビューで、改めて共演の印象を問われた西島は「岳くんは天才でしょう」と即答。「年齢は下ですけど、すごいなと思ってますよ。僕ら二人が師匠と呼んでいる西田敏行さんの後を継ぐ存在。言葉やいろんなことを作り出す力を岳くんには感じますね。改めて共演してすごいなと思いましたし、一緒に演技をしていて楽しいです」とリスペクトのまなざしを向ける。

 その言葉に少し照れ笑いを浮かべた濱田は「西島さんが人を惹き付ける魅力的な俳優さんだというのは言わずもがな。この現場って三舟シェフのセリフ量が尋常じゃなく、スケジュール的にも大変。それを日々こなされる姿を見て、素直に感動しました」。

 さらに「現場での西島さんは、ずっとニコニコしているし、(笑い上戸)ゲラで、なんてことないことで笑ったり。すごく人間味があり、テレビで見るより、一層好きになりました」と続け、べた褒め合戦を繰り広げた。

 ストーリーは、高築がドラマの語り部となって展開していき、変わり者・三舟にどう巻き込まれてしまうのか。そしてビストロでどんな謎解きが繰り広げられるのか。注目が集まる。

 放送を直前に控え、西島は「料理がすごく美味しそうなドラマです。登場人物たちが抱える悩みを、僕たちが料理を通して解決したり、時には解決しなくても新しい一歩を踏み出せるように協力するドラマです」とアピール。

 続けて「僕たちは『こういうレストランに行きたいな』って思っていただけるようなドラマ、そういうレストランにしたいと思って撮影していました。出来上がりを見ると、それぞれのお客さまもステキで、自分が考えてた以上にドラマ全体が温かくて、優しい作品になりました。大変な時期ですけど、温かいストーリーにホッコリしてほしいです」と呼びかけた。

 濱田も視聴者に向けて「飯テロ、コメディ、人情劇、ワンシチュエーション、本当に盛りだくさんな内容。見たことのないような作品になっています。ぜひ楽しんでいただけたら」とメッセージを送っていた。