元宝塚歌劇団花組トップスター・明日海りおが「美」「癒やし」「食」といったジャンルでさまざまなことにチャレンジする番組『明日海りおのアトリエ』が、動画配信サービス「Hulu」でスタート(毎週土曜、1エピソードずつ独占配信、全8回)。きょう29日から配信された第2回のテーマは、「土鍋で究極のご飯を炊く」。

【動画】『明日海りおのアトリエ』第1回PR映像

 今まで日本各地で公演をしてきた明日海りおは、その土地土地でおいしいものを食べるのが大好き。中でも「白いご飯」に対する想いは格別なのだそう。今回、「究極に美味しいご飯」を炊きたいと考えた明日海は、都内にあるセレクトショップで、お米コンシェルジュに日本各地の珍しい銘柄米を試食させてもらい、好みのお米を購入。土鍋を使い、もっとも美味しく炊ける方法を試してみることに。さらに、炊きあがったご飯で、おにぎりを作る明日海。彼女が明かす「白いおにぎり」への思いとは…?

 実は、明日海が自ら土鍋でご飯を炊くのは今回が初めて! 収録を終えた明日海に、今回の初挑戦についての思いを尋ねると、「以前、後輩が土鍋で炊いたお米でおにぎりを作ってくれたのですが、そのお米がツヤツヤで甘味があって、ものすごくおいしかったんです。また、小学校の頃、飯盒(はんごう)で大失敗したことがあって…。焦がしてしまって食べる量が減り、しかも全然おいしくなかったんです(笑)。その思い出を払拭しようと思い、今回プロの方においしいお米で、おいしいご飯を炊く方法を教わりました」との答えが。さまざまな思い出を胸に、大人になった明日海が満喫する《新・ご飯体験》に注目だ。

 「ご飯は大好きだけど、銘柄には疎かった」という明日海にとって、お米のセレクトショップで日本各地の珍しい銘柄米を試食したのも新体験だった。銘柄米の味や歯ごたえの違いをじっくり感じ取りながら、自分好みのお米を選ぶ。いざ土鍋で炊いている間も、目をキラキラさせていた。さらに、明日海は炊きあがったご飯で「白いおにぎり」を作ることに。丁寧に握ったおにぎりを頬張り、最高の笑顔を見せてくれる。

 今回の出来栄えについて「土鍋で炊いたご飯は、本当においしくて最高でした。土鍋でお米を炊くのは大変なイメージがありましたが、時間も手間もかからなくて。お味噌汁や炒め物など、ほかのお料理を作っている間に簡単にできちゃうので、おすすめです」と明日海。「もし私が新生活を始めるなら、炊飯器を買わなくてもいいかなって思うほどだったので、ぜひご覧いただけるとうれしいです」と、呼びかけた。

 番組内では「思い出深かったご当地グルメ」や「好きなご飯のお供」など、明日海の食いしん坊ぶり(!?)がうかがえる話に加え、心がほっこり温まる「おいしいご飯の思い出話」も披露。何杯でもご飯が食べられそうな、明日海の味わい深いトークも見応えありだ。