アイドルグループ・AKB48の最後の1期生・峯岸みなみ(28)が28日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行い、2005年12月8日から歴代メンバー最長の15年5ヶ月、5651日在籍したグループの活動に幕を下ろした。これで、劇場公演初日の観客7人を知る1期生20人は全員卒業となった。

【写真17枚】最後の1期生・峯岸みなみの卒業を劇場で見届けた橋みなみ&小嶋陽菜

 当初、昨年4月に卒業予定だったものの、コロナ禍で1年以上延期になっていた峯岸が、ついに“聖地”で卒業公演を迎えた。チームKカラーの緑のペンライトに迎えられ、1曲目はかつて前田敦子が初めてセンターを務め、ダンスに自信があった峯岸がバックに回されてショックを受けたという“因縁”のユニット曲「渚のCHERRY」でスタート。この日はセンターの証の黄色の衣装に身を包んだ峯岸の笑顔が弾けた。

 「私といえばという曲、私のイメージの強い曲を詰め込みました」という峯岸は、劇場公演ユニット曲「恋愛禁止条例」を宮崎美穂、向井地美音と、「逆転王子様」を入山杏奈、加藤玲奈と披露。同期の高橋みなみ、小嶋陽菜と同じ事務所に移籍しノースリーブスを結成するきっかけとなった「純愛のクレッシェンド」は大家志津香、柏木由紀とパフォーマンス。ゲストなしと思わせたところで、「尺が欲しい」で“峯岸チルドレン”のOG、小嶋真子と西野未姫が手を振りながら元気いっぱいに登場。「みぃちゃ~ん」と紹介された峯岸は、剛力彩芽のデビュー曲「友達より大事な人」でプロペラのように手を回すお得意の“剛力ダンス”をみせた。

 続くノースリーブスの「君しか」「ペディキュアday」では盟友のたかみなとこじはるが登場。2人が劇場のステージに立つのは小嶋の29歳の誕生日に行われた卒業公演、2017年4月19日以来、4年ぶりとなる。

 峯岸から「たかみなと陽菜が劇場公演にも来てくれました~」と紹介された高橋は「お邪魔します。めっちゃ柱のピンクの線(劇場オープン記念日の12月8日を迎えるごとに張るピンクのテープ。15周年の現在は15本)が増えてる」と驚き、小嶋は「端っことかカビが生えてる」と独特の視点で笑いを誘う。峯岸は「大好きな後輩に囲まれて卒業できるのもうれしいけど、一緒にスタートを切った2人が来てくれてホッとしたし、うれしかった」と、AKB48としての最後を見届けに来てくれた2人に感謝しきりだった。

 手拍子に迎えられたアンコールでは、22日に神奈川・ぴあアリーナMMで行われた卒業コンサートのセレモニーで着用したAKB48の衣装の象徴、赤チェックを基調とした衣装で自身のソロ曲「私は私」を熱唱。2番からは初代峯岸チーム4の後輩たちと目を合わせながら歌い、目をうるませた。

 峯岸はファンに向けて最後のスピーチ。「すごくたくさんの人から否定をされて、人前に立つのが怖くなったときも、この場所だけは自分が存在していいような気持ちにさせてくれました」と振り返ると、大粒の涙をこぼした。

 「劇場では嘘がつけません。これからどうやって頑張ればいいんだろうと不安に思うこともありますが、たくさんのものをもらってきたから、卒業してからも一生をかけて皆さんに恩返ししたいなと思っています」と約束。「私はアイドルとしては立派ではなかったけど、一緒に歌って泣いてくれるメンバーやファンの皆さんに出会えただけで、人としては間違っていなかったんだなと思います。これからを強く生きる自信になりました」と伝えると、「これまでAKB48の峯岸みなみを支えてくれてありがとうございました」と深々一礼した。

 クライマックスで「大好きな曲です」と紹介した「引っ越しました」を歌い終えると、柏木が花束を贈呈。向井地は卒業アルバムをプレゼントすると、秋元康氏からの手紙を渡し、秋元氏たっての希望で峯岸自身が読むことになった。峯岸は「『ドッキリGP』じゃないの?」と笑いを誘いながら「とうとう峯岸まで卒業か。一番いろいろなことがあった末っ子を最後に嫁に出すようです。ホッとすると同時にいいようのない寂しさを感じます」「君の優しさがAKB48を一つにしてくれました。これからも峯岸みなみの活躍を期待しています」と読み上げ、大粒の涙が頬をつたった。

 峯岸は「秋元先生はお父さんみたいな存在で、一時期はまるで反抗期の娘みたいに上手に会話ができなくなった」と明かしつつ、「秋元先生、こんな私を見捨てないでくれて、そしてAKB48というグループを作ってくださって、たくさんの女の子たちの未来を彩ってくださってありがとうございました」と涙ながらに感謝。ラストは、出演者全員でインディーズデビュー曲「桜の花びらたち」で締めくくった。

▽出演者
峯岸みなみ/入山杏奈・加藤玲奈・篠崎彩奈・宮崎美穂・向井地美音・市川愛美・岡田梨奈・小田えりな・倉野尾成美・小林蘭・込山榛香・下口ひなな・長友彩海・永野恵・左伴彩佳・武藤小麟・武藤十夢・茂木忍・安田叶・湯本亜美・横山結衣・岩立沙穂・大家志津香・柏木由紀・北澤早紀・岡田奈々・村山彩希
▽OG
高橋みなみ、小嶋陽菜、小嶋真子、西野未姫

■『AKB48峯岸みなみ卒業公演』セットリスト
Overture
01. 渚のCHERRY(峯岸、長友、武藤小、安田)
02. RESET(チームK)
03. ダルイカンジ(峯岸、市川、岡田梨、小林、込山、下口、長友、永野、武藤小、武藤十、茂木、安田、湯本)
04. Beginner(峯岸、市川、倉野尾、小林、左伴、安田、湯本、横山)
05. 恋愛禁止条例(峯岸、宮崎、向井地)
06. アイドルなんて呼ばないで(篠崎、茂木、岩立、北澤)
07. 逆転王子様(峯岸、入山、加藤)
08. 投げキッスで撃ち落せ!(岡田梨、倉野尾、小林、長友、永野、武藤小)
09. 純愛のクレッシェンド(峯岸、大家、柏木)
10. Bye Bye Bye(小田、下口、武藤十)
11. 思い出以上(峯岸、岡田奈、村山)
12. 尺が欲しい(峯岸、小嶋真、西野)
13. 君しか(峯岸、小嶋陽、高橋)
14. ペディキュアday(峯岸、小嶋陽、高橋)
15. フライングゲット(峯岸、入山、加藤、宮崎、向井地、柏木、岡田奈、村山)
16. LOVE修行(同上)
17. 青空のそばにいて(同上)
【アンコール】
18. 私は私(峯岸、篠崎、岩立、北澤、岡田奈、村山、小嶋真、西野)
19. 引っ越しました(現役全員)
20. 桜の花びらたち(OG含め出演者全員)