サッカー元日本代表の前園真聖が、6月にフジテレビ系で放送されるサッカー日本代表戦4試合のPR隊長に就任することが28日、決定した。それぞれの試合中継の副音声やYouTubeでの配信企画に登場し「ZONOライブ」と題して、ゲストとともに試合を盛り上げる。

【貴重写真】「ゾノ~」弟分の中田英寿と大活躍を見せた五輪代表時代の前園

 5日の『U-24国際親善試合 日本×ガーナ』では、ゲストにサッカーアテネ五輪代表の那須大亮が登場。東京2020オリンピック競技大会に向けたこの試合で、オリンピックでも日本代表キャプテンとして活躍した2人が、大注目の久保建英の話題を中心に語り尽くす。

 10日の『女子日本代表国際親善試合 なでしこジャパン×ウクライナ』では、ゲストに丸山桂里奈が登場。2011年のFIFA女子ワールドカップドイツ大会優勝メンバーであり、チームの中心人物であった丸山と、“本気のサッカートーク”を繰り広げる。

 11日の『キリンチャレンジカップ2021 日本×セルビア』では、ゲストにサッカー元ブラジル代表キャプテンのドゥンガが登場。ドゥンガはブラジルからのリモート出演となる。ジュビロ磐田でもプレーし、日本をよく知るスーパースターが、外国人選手から見た今の日本サッカーを熱く語る。

 15日の『FIFAワールドカップ カタール2022 アジア2次予選 日本×キルギス』では、試合直前の会場から、見どころを「ZONOライブ」で生配信。今回のPR隊長就任を受けて、前園がコメントを寄せた。

――PR隊長に決まったときの率直な感想
久しぶりのサッカー解説ということで、身の引き締まる思いで、いい緊張感に包まれています。どういう風に皆さんに伝えていくことができるのか、自分自身楽しみでもあります。常にリーグ戦を見ているコアなファンの方から、代表戦は見るよ、という方までいらっしゃると思うので、しっかり伝えていくところと、わかりやすく楽しくお話しするところと、メリハリをつけていけたらと思っています。

――4試合の中であえて注目の一戦をあげるとしたら?
もちろん全部の試合に注目しているのですが、 “U-24”は東京オリンピックを前にした選手選考にも関わってくると思いますので、特に注目しています。U-24の世代で、かつ海外でプレーしている選手がこれだけ多い日本代表というのは、今までのオリンピックの歴史を見てもなかなかないので。メダルを期待したくなる試合にもなると思いますので、“どの選手が選ばれるのか?”という目線で見てもいいですね。

――視聴者へのメッセージ
このようなご時世でスポーツを純粋に楽しめなかったり、無観客で試合を見に行くことも難しくなったりしました。でも、スポーツの喜び・楽しさ・感動は必ずあると思うので、今回の試合を通じて、少しでもたくさんの方に伝えていければと思っています。