『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『生きちゃった』『茜色に焼かれる』などの作品を発表し続ける石井裕也監督が、あらためて初心に返り、これまでの経験値に頼らずにオール韓国ロケで挑んだ意欲作『アジアの天使』(7月2日公開)の予告編が解禁された。

【動画】映画『アジアの天使』予告編

 本作は、小説家の青木剛(池松壮亮)と8歳のひとり息子の学(佐藤凌)、剛の兄(オダギリジョー)が、ソウルから江原道(カンウォンド)へ向かう列車の中で、元人気アイドルのソル(チェ・ヒソ)と彼女の兄ジョンウ(キム・ミンジェ)、妹のポム(キム・イェウン)らと出会い、ともに旅をする中で、とある奇跡を目の当たりするロードムービー。優しさと力強さが調和した人間ドラマであり、誰も見たことのない「アジアの家族映画」。

 予告編は、心機一転、一人息子を連れて決死の覚悟で韓国にやってきた剛を「シャレだろ」と一笑に付しながら、2人を迎える兄とのやりとりから始まる。韓国語も話せず新天地での生活を不安に思っている剛に兄は、この国で必要な言葉は「メクチュ・チュセヨ」と「サランヘヨ」と説く。そして、あるとき剛は、一人で泣き伏せている韓国の歌手ソル(チェ・ヒソ)と出会い、日本語で励ますが、その善意は伝わらない…。

 映像には、本作で本格的な共演を果たす、池松とオダギリのコミカルなやりとりが収められているほか、「異国の地で、不思議な旅が始まる。」という言葉と共に、偶然の出会いをきっかけに、心に傷を負った日本と韓国の2つの家族が旅に出て、道中起こる様々な出来事を共に体験し、時には悪化した日韓関係についての話をしながらもビールを飲みかわし、同じ食卓を囲む一つの家族のような姿が捉えられている。そして、「この広い世界、どんな天使がいてもいい。」という言葉と共に、剛とソルが「見た」という摩訶不思議な“天使”の姿がしっかりと映し出されている。

■劇中に登場する、ヘンテコな天使について

 剛とソルはお互いに“天使”に会ったことがあるという。その天使は東洋のおじさんのような姿で、人の肩を噛むという、一風変わった天使だった。石井監督は、オダギリジョー主演のドラマ『おかしの家』(2015年、TBS)でも使用していたこの人を噛む天使というキャラクターを本作の二つの家族をつなぐ要素として登場させている。

 天使は一般的に西洋の美しい少年のようなイメージを持つ人が多いが、この“ヘンテコな天使”は「天使というのはこうあるべきだ」という、誰かが勝手に決めた価値観や固定観念に囚われなくてもいいという作品全体のメタファーになっているという。