28日放送の日本テレビの情報番組『スッキリ』(月~金 前8:00)では、3月末で卒業した水卜麻美アナの“親友”が「天の声ゴールド」を担当。加藤浩次をはじめ、スッキリメンバーと声での共演を果たした。

【写真】水卜麻美、無言でおにぎり3個ほお張る「#食リポ放棄」動画

 冒頭、本来の声よりも高いトーンで話をしていたため、加藤が「お会いしたことはありますか?」と正体がわからず質問。天の声は「そちらのスタジオでお会いしたことがあります。浩次、もう忘れたの? 一緒にいたじゃない。忘れちゃったのかしら。天の声ゴールドやるの夢だったので。初めてです。手が震えています」と伝えていった。

 その後、本来の声のトーンで話すと、加藤が「なんだよ(笑)。声変えすぎじゃん!」と驚きの声。天の声は「浩次、何年一緒にいたと思っているのよ」と笑い声でツッコミを入れた。後任の岩田絵里奈アナについて、天の声は「まだまだだな(笑)」と冗談を交えながらも「ニコニコやっていてくれていて、すごく幸せな気持ちになります」と賛辞を送った。

 その上で、天の声は「ずっと夢だったのでうれしいです。すごく近くにある存在だったのに、ずっと遠い存在だったので、夢みたいです。また、お会いできるのを楽しみにしております。『スッキリ!』の大ファンです。『ZIP!』も頑張ります」と締めくくった。

 水卜の親友の天の声出演を知った、南海キャンディーズの山里亮太は自身のツイッターで「今週の天の声ゴールド…かなりよかったなぁ…。ま、でもきっと忙しいから滅多にこれないか! うん、大丈夫! 天の声談」とつづっている。