前向きに生きるためのヒントが詰まった、希望あふれるギリシャ発のフィールグッドムービー『Tailor(英題)』が、『テーラー 人生の仕立て屋』の邦題で、9月3日より全国公開されることが決定し、特報が解禁された。

【動画】映画『テーラー 人生の仕立て屋』特報

 主人公のニコスは、アテネで36年間、高級スーツの仕立て屋を父と営んできた。だがギリシャを不況が襲い、店は銀行に差し押さえられ、ショックで父は倒れてしまう。崖っぷちに立たされたニコスだったが、手作り屋台で「移動式テーラー」を始めることをひらめく。

 意気込んで街を飛び出したニコスだったが、道端で高級スーツは売れず…。途方に暮れるニコスに思いがけない依頼が舞い込む。「ウエディングドレスは作れる?」 紳士服一筋だったニコスは、女性たちのために世界にー着しかないオーダーメイドドレスを作り始めることに――。

 ギリシャ最大のテッサロニキ国際映画祭で三冠(ギリシャ国営放送協会賞、青年審査員賞、国際映画批評家連盟賞)を獲得し、世界中の映画祭から喝采を浴びた本作。監督を務めたのは、次世代のカウリスマキとも期待される新鋭の女性監督、ソニア・リザ・ケンターマン。本作が長編初作品となるが、美しいドレスを通して人と人とがつながり、苦難を乗り越える希望に満ちた物語を見事に描いてみせた。

 主演はジャック・タチ(フランスの映画監督・俳優。『ぼくの伯父さん』など)を彷彿させると評判のギリシャのベテラン俳優、ディミトリス・イメロス。不器用に生きる主人公を丁寧に、かつユーモアたっぷりに演じきった。そして映画を彩るのは、アテネの市街地や郊外、エーゲ海沿いなど心躍る風景と、色とりどりのドレスたち。異国情緒溢れるアテネの景色と、華やかなファッションが心を満たしてくれる。

 特報は、どん底をチャンスに変えようと一歩踏み出すニコスの姿に勇気をもらえる、そんな映像となっている。あわせて到着したポスタービジュアルでは、エーゲ海を思わす青空と純白のウエディングドレスが目を引き、「人生は測れないから面白い」のコピーとともに佇むニコスを捉えている。