俳優の藤木直人が、7月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(毎週日曜 後10:30)に出演することが決定した。主演・中川大志が演じる最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(おのとら・しゅう)の育ての親で、伝説の殺し屋である男虎丈一郎(おのとら・じょういちろう)役に起用された。藤木は「殺し屋を演じるのは初めて。しかも伝説!『ゴルゴ13』を読んで役作りしたいと思います」と茶目っ気たっぷりにコメントを寄せている。

【特集】ファンに聞いた、中川大志の好きな作品

 今作は映画『翔んで埼玉』『かぐや様は告らせたい』『ライアー×ライアー』の徳永友一氏がオリジナル脚本で手掛けるスリリング・ラブコメディー。自分の育ての親が、“伝説の殺し屋”とは知らない主人公・男虎柊は、その“伝説の殺し屋”が何者かに殺されたことで日常が一変。育ての親の仇を討つため「殺し屋家業」を継ぎ、殺し屋になることを決意する。そして用意周到に暗殺ターゲットで人気漫画家の鳴宮美月(新木優子)に近づくが…柊は“殺しの才能はゼロ”だった――。

 清掃会社を経営しているが、実は「殺し屋」を裏家業としている丈一郎。警察が法律で裁くことができない悪人を暗殺している“伝説の殺し屋”だが、柊を育てていくうちに、自分の生き方を見つめ直し、やがて柊には真っ当な道を歩んでほしいと願うようになる。そして、次の任務で“殺し屋”の仕事は本当に最後にしようと考えていた。最後のターゲットは、鳴宮美月。しかし、丈一郎は返り討ちにあってしまい、その仕事で殺害されてしまうことに…。

 自身がMCを務める同局バラエティー『おしゃれイズム』(毎週日曜 後10:00)から連続して出演することとなる藤木は「『ついに来たかっ!』と思いました。6年前に始まった日曜10時半のドラマ枠。『おしゃれイズム』の直後に始まる枠なのでいつか参加したいと思っていました。ゆっくりした日曜の夜、『おしゃれイズム』共々楽しんでいただける作品にしたいと思いました」と歓喜。

 柊へ見せる、厳しくも温かい父親としての一面と裏で隠し持つ、伝説の殺し屋というクールな一面をあわせもつ丈一郎。中川との共演には「以前朝ドラ『なつぞら』で広瀬すずさん演じるなつの育ての親を演じ、そのなつのお婿さんを演じたのが中川大志くんでした。今回は大志くんの育ての親。1親等近づきました(笑)。どんな親子像になるか楽しみです」と期待する。

 視聴者に向け、藤木は「殺し屋、が大勢出て来ますがコメディタッチの面白い作品だと思います。世の中はまだ大変な状況ですが、観て下さっている間に少しでも現実を忘れドラマの世界に入り込める作品になるようみんなで力を合わせ作っていきたいと思います。ぜひご覧ください」と呼びかけている。