人気グループ・A.B.C-Zの戸塚祥太が、8月13日、14日に日比谷・シアタークリエで上演される朗読劇シリーズ恋を読むinクリエ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演することがわかった。2019年に続く再演となる今回、戸塚は、連ドラ版で星野源が演じた津崎平匡役に起用。新垣結衣が演じたヒロイン・森山みくりは大原櫻子が務める。8月11日から8月18日まで上演され、ほかのキャストも一挙公開された。

【画像】新垣結衣&星野源そっくり!「逃げ恥」風に描いた結婚記念イラスト

 今作は夫=雇用主、妻=従業員の“契約結婚”という選択をした2人が、従来の価値観にとらわれることなく仕事や夫婦のあり方に向き合っていく、新感覚の社会派ラブコメディ。海野つなみ氏による月刊『Kiss』(講談社刊)で連載の漫画家を2016年に連ドラ化し、大反響を呼んだ。そんな今作が2019年に『恋を読む』シリーズ第二弾として初舞台化された。脚本・演出は“恋を読む”シリーズ全作品の脚本・演出を手掛ける、劇団『ロロ』主宰の三浦直之氏が担当する。

 そして今回も人気と実力を兼ね備えた豪華キャスト陣が集結。出演は津崎平匡役に細谷佳正、太田基裕、戸塚、立石俊樹、荒木宏文。森山みくり役に仙名彩世、桜井玲香、大原櫻子、花乃まりあ、城妃美伶、内田真礼。風見涼太役に梅津瑞樹、立花裕大、有澤樟太郎、梅原裕一郎、水田航生、牧島輝、矢田悠祐。土屋百合役に壮一帆、シルビア・グラブ、友近、春野寿美礼、朴ロ美ら。

 人と人とが向きあい、コミュニケーションを取ることがいっそう難しくなった今。そんな今だからこそ、言葉を尽くし、心を尽くし、お互いの価値観や考えのギャップ、多様性を受け入れていく登場人物たちの姿から伝わる今こそまた新たなエネルギーを、朗読劇という生の声がいきるスタイルを通して、観客に届けていく。

 原作の海野氏は「前回の朗読劇が想像以上に素晴らしかったので、再演が決まってとても嬉しいです。しかも、今回は演者さんがシャッフルとか!同じ内容でも演者さんによって世界が変わり、これはいろんな組み合わせで全ステ見たい!と思う舞台なので、とても楽しみで仕方ありません。長い原作をうまくまとめた、漫画ともドラマともまた違う、生の声が伝えるそれぞれの豊かで感情を揺さぶる舞台を、ぜぎひ、たくさんの方に楽しんでいただきたいです」と自信を込めてアピール。

 三浦氏は「原作の魅力は細かな生活の描写だとおもっています。恋があって生活があるのではなく、生活のなかに、掃除や洗濯や食事や仕事のなかに恋がある。朗読劇という制約のなかで、声の力で出演者のみなさんがどんな風に生活を表現してくれるのかとても楽しみにしています。たくさんの平匡とみくりと百合と風見を見届けてください」と呼びかけている。

■キャストコメント

◆津崎平匡役

<細谷佳正>(8月11日出演)
再演に参加出来ること、本当にうれしく思っています。
初演から2年くらい経っているので、今度はどんな事を感じ、どんな経験が出来るのかとワクワクしていますし、共演者の方々や会場の皆さんと一緒に楽しい時間を作って行ける様に、自分自身も楽しみながら作って行きたいです。
会場で皆さんとお会い出来ることを楽しみに過ごしていこうと思います。

<太田基裕>(8月12日・15日出演)
津崎平匡役を演じます太田基裕です。
『逃げ恥』という作品のメッセージや世界観を楽しみながらも、お客様と素敵な時間を共有出来るよう演じます。劇場でお待ちしています!

<戸塚祥太・A.B.C-Z>(8月13日・14日出演)
たくさんの方に愛されてきている、この作品を朗読劇という形でドラマとは違う魅せ方と可能性に私自身もドキドキワクワクしながら飛び込んでいきたいと思います。
声で表現する『逃げるは恥だが役に立つ』楽しみにしていて下さい。

<立石俊樹>(8月16日出演)
『逃げ恥』という沢山の方々に愛されている作品の朗読劇に出演できると決まった時はとてもうれしかったです。
僕自身、朗読劇は今作が初めてになります。どのような表現ができるのか未知の世界ですが、”津崎平匡”を演じられるのがとても楽しみです。
皆さんが楽しめるように精一杯頑張りますので、よろしくお願い致します!

<荒木宏文>(8月17日・18日出演)
再演おめでとうごうございます。
また参加することができうれしく思います。
前回参加させていただいた際、舞台演出や映像演出もしっかりあって、まるで台本を持ってお芝居をしているようでむず痒さがありました。かえってそのことが恋愛物語を表現するのにプラスに働いた部分もある気がします。今回はどんな風になるかとても楽しみです。

◆森山みくり役

<仙名彩世>(8月11日・15日出演)
私も毎週ドラマの放送を心待ちにしていた、『逃げ恥』ファンの1人です!
初めは、みくり役をさせていただけるということに驚きを隠せませんでしたが…
素直にうれしく思いますし、朗読劇という新しい世界に触れられることもとても楽しみです!
素敵な共演者のみなさまと一緒に、大切に演じさせていただきます!

<桜井玲香>(8月12日出演)
原作漫画もドラマも大好きな作品です。
大人気作品で、世間のイメージもしっかり出来上がっていると思うので、新たな『逃げ恥』をつくる難しさを感じつつ自分の『森山みくり』をどう作ろうか今から楽しみです。
原作はテンポが良くセリフが多いイメージなので、朗読劇ではしっかりはっきり演じることを大切にしたいです。原作の良さを保ちつつ、新しい逃げ恥をお届け出来るよう頑張ります!
劇場でお待ちしております。

<大原櫻子>(8月13日・14日出演)
ドラマ化もされた大人気作の朗読劇、色々な意味でドキドキするなと思いました。脚本を読んで、とても面白かったですし、ドラマファンの方も絶対楽しめる作品になると感じました!
朗読劇はいつか挑戦したいと思っておりました!言葉だけで、観客の頭の中をシーンに巻き込む…演者はエネルギーのいる事だと思います。
戸塚さんとは共演2回目ですし、みなさんと色々話をして、世界観を作れたら嬉しいです。

<花乃まりあ>(8月16日出演)
たくさんの方々に愛されるこの作品に携わることができるなんて…!心から嬉しく幸せな気持ちです。
朗読劇ということで『逃げ恥』の魅力のひとつである数々の名言、一つひとつの言葉の持つパワーや美しさを、改めてお客様にお伝えできるよう精一杯務めたいと思います。よろしくお願い致します!

<城妃美伶>(8月17日・18日出演)
大好きな「逃げ恥」。みくりさんとして、素敵な共演者の方々と心を通わせる時間が、楽しみで仕方ありません!
ぜひ劇場に、ムズキュンしにいらしてください(ハート)

<内田真礼>(8月18日出演)
また『逃げ恥』のステージに立つことができて嬉しいです!
コメディタッチなやりとりの中でもほっと温かくなれる脚本で、しあわせが溢れているなぁと思います。
みくりは、笑っちゃうくらいかわいいです。笑
私は2回目の『逃げ恥』になりますが、このチームでは一度きりの舞台となります。
みなさまにたっぷり楽しんでいただけるよう精一杯努力します。是非ご覧ください!