人気グループ・NEWSの加藤シゲアキ、関西ジャニーズJr.、Aぇ! groupの正門良規が27日、東京グローブ座で29日から上演される舞台『染、色』フォトコール&取材会に登壇した。事務所の先輩でもある加藤の脚本で、単独初主演を飾る正門が「逆にすごくプレッシャー。こわいですよ」とぶっちゃけると、加藤は「そんなにこわくないでしょ」と苦笑。「いや、そのこわさというか、初めてお話いただいたのは2年前の秋やったんですけど、その時はビビりまくってました。ようやく『やるぞ!』っていうのが固まってきた感じです」と率直な心境を明かした。

【舞台写真】黒崎レイナが馬乗りに…色っぽい表情を見せる正門良規

 原作は加藤が2015年に出版した短編小説集『傘をもたない蟻たちは』(KADOKAWA刊)に収録された『染色』。今作で加藤は初めて舞台脚本に挑戦。演出は加藤と2017年上演の主演舞台でもタッグを組んだ瀬戸山美咲氏が担当する。正門は周囲から一目置かれながらも葛藤を抱える美大生・深馬を演じる。

 正門は「1年越しにお客さんに伝えられることは楽しみでワクワクして気持ちが高まってます。(汗も)出てますね、比例していますね(笑)。ずくずくです」とフォトコールも全力で演じきったからか、多くの報道陣を前にしたからか、汗を滴らせて登場。「めちゃくちゃ緊張しています。去年できなかったり、いろいろ中止になったこともあったけど、この1年間で楽しみや期待の方が高まって、いろんな感情が自分のなかにいます」と前向きに語った。

 加藤は重圧を明かす正門に、「でもプレッシャーですよね、きっと。決して簡単ではない役ですし。かといって、正門に合わせてるのも、ある意味失礼かな。この役に飛び込んでもらうつもりで、僕も遠慮なく書かせてもらったので」と苦笑しつつも理解。「稽古場に何度か足を運ばせてもらって、あまり近くでみたらかわいそうかなと、遠くに座ろうとしたら『真ん前に座ってください!』と。プレッシャーに慣れたい、と。毎回本番さながらの緊張感を与えるという役割だったかな。どんどん成長していく姿なのに、たくましい。初舞台なのに堂々としているな」と感心した。

 そんな正門の印象について共演の岡田義徳は「大変真面目。近年まれにみる真面目。その姿勢が伝わってくる。アドバイスできることはいくらでもするし、わからないことは何でも聞いてとコミュニケーションしました。努力家だな、と。すごく努力をしている」と高評価。稽古場では考え込んでしまう正門に声をかけることもよくあったといい、正門は「ありがたかった。カウンセリングに近い。本当に支えられました」と感謝する。

 また、三浦透子とは息のあったダンスシーンも披露。自身の印象を聞かれた三浦に、正門が両手をひろげるジェスチャーをみせておどけるなどすっかり打ち解けた雰囲気をみせる。三浦は「最初は岡田さんのおっしゃったとおり、真面目で誠実、しっかりされてる方だなとほとんどそういう印象なんですけど、わりと抜けているところがある。そういう瞬間とか稽古場でも笑いが起こる。意図していないところでけいこ場を盛り上げてくれている」と座長ぶりを明かした。

 ちなみに、楽屋には加藤の贈った楽屋のれんが、すでにかかっているという正門。「きのう小屋入りだったんですけど、楽屋に入った瞬間に、スタッフさんが走ってきて『待ってください!』って。携帯で動画を回し出して、なにを撮られているのかわからないまま行ったら、のれんがかかっててそのファーストリアクションを動画に収めたいと」と振り返ると、加藤は「その動画、僕は見てないんだけど。その動画はなんのため!? その人のプライベート?」とツッコミ。のれんと記念撮影もしたという正門に、加藤が「出せば良いんじゃない?ブログとかで」と薦めると、正門は「いいんですか?ここぞというタイミングで、じゃあ」とうれしそうに約束していた。