全国のケーブルテレビおよびスカパー!などで視聴できるドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナルジオグラフィック」では、第二次世界大戦の戦いや軍事作戦を、科学技術、専門家の分析と豊富な資料映像、証言に基づく再現映像など、さまざまな視点から紹介する ドキュメンタリー番組を5週にわたって全5番組放送する「特集:第二次世界大戦」を6月2日から放送する。

【動画】「特集:第二次世界大戦」特集 各番組の予告編

 日本初放送となる『D-Day:知られざる英雄たち』(6月2日 後10:00~)では、連合国軍がドイツ占領下のフランスに侵攻したノルマンディー上陸作戦を徹底追及。この史上最大の作戦には戦況を左右した5つのターニングポイントが存在した。そこには、5人の名もなき英雄たちの知られざる活躍があり、滅多に見られない貴重な資料映像、精巧に再現された戦闘シーン、現場に居合わせた目撃者による証言、5人の英雄本人たちが語る体験談などから、これまで誰も知らなかったノルマンディー上陸作戦の実相を明らかにしていく。

 同じく日本初放送となる『ナチス・ドイツの巨大建造物 戦争への備え 2』は、第二次世界大戦中に生み出された巨大構造物や巨大兵器の数々に注目。ナチス・ドイツや日本は覇権を目指してどのように戦ったのか、その裏側に迫るシリーズ。

 ナチス・ドイツの戦いに欠かせなかったヨーロッパの鉄道網や巨大な列車砲や戦車、そしてヒトラーを支えた側近たちにクローズアップする。太平洋戦争で日本軍がジャングルに建設した泰緬鉄道、アメリカ軍との死闘で使われた迫撃砲や魚雷、ゼロ戦での体当たり攻撃など、専門家たちがさまざまな側面から第二次世界大戦をひも解いていく。

 『ナチス・ドイツの巨大建造物 戦争への備え 2』は、「兵器と化す鉄道網」は6月9日(後10:00~)、「ドイツ軍と日本軍の巨大砲 」は6月16日(後10:00~)、「太平洋に散った日本軍 」6月23日(後10:00~)、「ヒトラーと4人の側近」6月30日(後10:00~)、4週にわたって放送。

 その他、第二次世界大戦中に活躍した各国の潜水艦が、いかにして戦ったかを専門家の分析と豊富な資料映像、証言に基づく再現映像を用い克明に追った人気シリーズ『第二次世界大戦の潜水艦』と『第二次世界大戦の潜水艦2』、ヒトラーの野心的な巨大建造物の隠された史実を探り、設計や建設にお ける非凡な技術開発物語やその技術革新がその後の戦争をどう決定的に変化させたのかを明らかにしていく『ナチス・ドイツの巨大建造物 3』も放送。

 「特集:第二次世界大戦」は7月・8月にも続き、7月には第二次世界大戦における潜水艦の真実に迫る『第二次世界大戦の潜水艦3』、アメリカ第8航空軍の戦いの軌跡を描く『無敵の翼:アメリカ第8航空軍』、8月には 史上最も破壊的な独裁者、ナチス総裁アドルフ・ヒトラーの秘められた性生活に迫る『暴露!ヒトラーのセックスライフ』(8月18日 後10:00~)、そして ヒトラーが率いたナチス・ドイツはなぜ第二次世界大戦に敗れたのかを、歴史家や社会学者、軍事戦略家らのインタビューを交えながら、敗者の目線で破滅への経緯を解き明かす『第二次世界大戦:ナチス敗北の全貌』(8月18日 後11:00~)、経験者たちの貴重な話を通してヨーロッパにおける第2次世界大戦を追体験する『第二次世界大戦:欧州フロントラインの実録』などが予定されている。