歌舞伎俳優の二代目片岡秀太郎さんが23日、慢性閉塞性肺疾患のため大阪府吹田市内の自宅で亡くなった。79歳。

【写真】片岡秀太郎さんの養子・片岡愛之助

 秀太郎さんは十三世片岡仁左衛門の次男で、1946年10月南座『吉田屋』の禿(かむろ)で片岡彦人の名で初舞台。56年3月に二代目片岡秀太郎を襲名した。

 関西に居を構え、上方らしいはんなりとした芝居を継承する女形として長年舞台に立ち、上方歌舞伎の振興に尽力した。2019年には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。歌舞伎俳優・片岡愛之助(49)は養子にあたる。

 愛之助は27日、秀太郎さんの訃報にコメントを寄せ「父は私を歌舞伎の世界に、そして、松嶋屋に入れてくださった大恩人で有ります。普段はとても優しいのですが、芝居の事になると兎にも角にも厳しい方でした。上方にこだわり上方の歌舞伎に情熱を注がれていました。これからもなお一層、秀太郎イズムを踏襲したいと思っております」と悼んだ。