女優の深田恭子(38)が「適応障害」と診断され、当面の間、治療を優先し、休養することが26日、所属事務所・ホリプロを通じて発表された。

【写真】妖艶さで魅了…オトナの色気を醸し出す深田恭子

 書面では「私ども所属の女優・深田恭子ですが、昨年春頃から体調を崩しがちとなり、今月に入り医師より『適応障害』と診断されました」と報告。「これにより当面の間、治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます。これに伴い、予定されていた7月期のフジテレビ連続ドラマを降板することになりました」と伝えた。

 続けて「関係者の皆様には大変なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げるとともに、私どもとしましても、深田恭子をできる限りサポートしてゆきたいと存じます」と記した。