木村拓哉、工藤静香夫妻の長女でモデル・フルート奏者のCocomi(20)が26日、都内で行われた映画『漁港の肉子ちゃん』(6月11日公開)の完成報告会に出席した。

【動画】明石家さんまからツッコミされ照れ笑いをするCocomi

 本作は、明石家さんま(65)が、直木賞作家・西加奈子の小説に惚れ込み企画・プロデュースした劇場用アニメ。漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密がむすぶ感動のハートフルコメディーを描く。

 『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』(2006年)、『海獣の子供』(19年)の渡辺歩が監督を務め、アニメーション制作をSTUDIO4℃が担当。声優キャストには肉子ちゃん役の大竹しのぶ(63)、キクコ役のCocomi、二宮役の花江夏樹(29)らが参加している。

 そうそうたる顔ぶれと並び「とても緊張しています…」と初々しくあいさつしたCocomiは、作品の見どころを問われると「いろんなところにフラグみたいなものがあって、それを見つけるのが楽しく、絵もキレイでSTUDIO4℃さんの作品が本当に好きなんですよ」とアピール。温かく見守っていたさんまも「君、世渡りも上手いね。親の顔が見たいよ」と目を細めていた。

 作品が完成した際には「(試写を)家族で観に行ったんですけど、みんなが泣いて。私も普段は泣かないんですけど、涙を流してしまいました」という。さんまも「(Cocomiの)おばあちゃんに一番喜んでもらえたのが、非常にうれしかったです」と振り返っていた。

 会見にはそのほか、大竹、花江、渡辺監督のほか、主題歌「イメージの詩」を担当した稲垣来泉も登場。イベント内で、『アヌシー国際アニメーション映画祭』(フランス/6月14日~19日)の「オフィシャル・セレクション:スペシャルイベント」に正式招待され、6月17日・18日にインターナショナルプレミア上映されることが発表された。