俳優の岡田准一、堤真一が26日、都内で行われた映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(6月18日公開)の公開直前プレミアイベントに参加。共演する平手友梨奈の演技を絶賛した。

【集合ショット】堤真一、木村文乃、山本美月ら豪華キャスト陣が登場!

 原作は“今一番面白いマンガ”と称され、累計800万部を記録する同名のコミックス。前作は2019年に公開された。岡田が演じるのは、天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる殺し屋・通称“ファブル”。堤は最恐の男としてファブルの前に立ちはだかる宇津帆を、平手はファブルが過去の事件で救えなかった車椅子の少女・ヒナコを演じる。

 振り切った悪役について堤は「こういう悪党は初めてでした。でも役作りというより、悪党にも何かしらの理由や思考回路がある。どういう人間なのかを探しながら。悪党を演じて『ウヘヘヘ』という感じではなかったですね」と振り返った。

 宇津帆の見どころとなるのは、ヒナコとの終盤のシーン。堤は「あれは平手さんが変化する瞬間を、どういうふうにしたら出せるかと思ったので。その当たりは平手さんが本当に素晴らしかった」と称賛する。岡田は3回ほど撮り直したこだわりのシーンだったことを明かす。江口カン監督は「1回、OKと言ったものを、もう1回やらせてくれというのはスタッフのみなさんが『え~』っとなる。堤さんが、平手さんを引き出そうと、いろんななじり方をして、すごいヒナコが出てきた。まだまだ上があるのか、とスタッフ、キャストの皆さんに頼み込んでやらせていただいた。見ていて、こっちが震えるようなお芝居が出てきたのでよかったです」と口にしていた。

 また、何度も共演している岡田について堤は「岡田くんは何年間に1度、会う。どんどん体が変わっていく。映画の撮影中は胸の筋肉がスゴかった。きょう久しぶりにあったら、ちょっとスッとしている」と役者魂に感服する。すると岡田は「今は何も撮影してないので…」と照れ笑いを浮かべていた。

 一方の岡田は堤について「大事な作品で共演させてもらえる役者さん。安心感と信頼感があります。素晴らしい共演者の方として尊敬しています。ここで堤さんが演じてくれるなら大事な作品になるなと思いました」と関係性を語っていた。

 プレミアイベントには、木村文乃、安藤政信、山本美月も参加した。