俳優の岡田准一が26日、都内で行われた映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(6月18日公開)の公開直前プレミアイベントに参加。芸能界にアクション門下生が増え続けていることを笑顔で語った。

【集合ショット】堤真一、木村文乃、山本美月ら豪華キャスト陣が登場!

 「“日本映画では見た事ない画”がテーマ」と掲げ、主演の岡田自らが、ファイトコレオグラファーとしてアクションシーンの殺陣を創り出し、撮影現場をけん引した。現場では「岡田師範」と呼ばれていたという。

 岡田のアクションシーンについて、共演の安藤政信は「今まで、いろんな映画でアクションをやってきたんだけど、岡田に会ってから自分がアクションをやっているというのはおこがましいんじゃないかって言うぐらい。ヨイショしているワケじゃなくて、マジでスゴい」と明かす。指導もされたそうで「最初は、なんで指導されなきゃという気持ちもあったんですけど、すぐに岡田の動きやアクションの考え方、哲学みたいなのを目の前で見て、すぐに『弟子にしてください! お願いします。道場、通いたいっす』と伝えた」と撮影現場でのやり取りを回顧。

 岡田は「行きたいって言ってくれましたね(笑)」と熱のこもったトークに笑顔を見せる。安藤は「当然、岡田の動きはまねできない。でも、アクションを自分の体の芝居で伝えるのが大切だと岡田に会ってから思ったんです。だから、弟子にしてくださいと言った。まだ、行けてはないんだけど…。気持ちは師匠ですから!」とマシンガントークし、岡田は「最近、芸能界に弟子が増えました」と朗らかな表情を見せていた。

 原作は“今一番面白いマンガ”と称され、累計800万部を記録する同名のコミックス。前作は2019年に公開された。岡田が演じるのは、天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる殺し屋・通称“ファブル”。しかし、ボスから「誰も殺すな。普通に暮らせ」と命じられ、アキラという偽名で相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹のふりをして暮らすことに。

 続編では、表向きはNPO団体「子供たちを危険から守る会」代表だが裏の顔をもち、前作の敵たちを上回る最恐の男としてファブルの前に立ちはだかる宇津帆(堤真一)が暗躍。すご腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)と、弟を殺した因縁の敵・ファブルへの復讐(ふくしゅう)に燃える。一方、アキラは過去の事件で救えなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と再会し、想像もつかぬ大騒動へと発展していく。

 プレミアイベントには、木村文乃、堤真一、山本美月、江口カン監督も参加した。