作品に登場するや否や、SNS等で「怪しい」と“犯人認定”され話題になるほど、“この人を起点に何か起こるのでは”と視聴者に強い個性を植え付けている俳優・忍成修吾。映画『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)で演じた強烈な役のイメージがあるからか、いまだにプライベートでも「怖い人なのでは…?」と疑惑をもたれることも多いという。20年以上のキャリアを誇る実力派俳優である忍成は、こうしたパブリックイメージをどう捉えているのだろうか――率直な胸の内を聞いた。

【写真】電話しているだけなのに、犯人っぽく見えてしまう…? 忍成修吾

■悪役イメージに「確かにそうだよな、という自覚はあります(笑)」

――先日まで放送されていた「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系)をはじめ、事件の犯人や悪役、主人公のライバル、サイコパスなど、周囲をざわつかせる役を数多く演じている印象があり、視聴者からも忍成さんが物語に登場すると「まず疑っちゃう」という反響が多く見受けられます。ご自身はそういった声をどのように受け止めていますか?

忍成修吾:これまで自分が演じてきた役柄は割と覚えているので「確かにそうだよな」という自覚はあります(笑)。僕自身、そういう役は演じていて面白いなと思っているので好きな部分もあります。

――もちろんヴィラン的な役ばかりではなく、6月18日(金)公開予定の映画『青葉家のテーブル』のように、ほのぼのとした役柄も演じることもありますが、ダークサイドの役柄を演じる楽しさは?

忍成修吾:若いころは、悪役を演じるからこその楽しさを感じることが多かったですね。ちょっと悪い役の方がやりやすいなという意識は自分の中にありました。逆にコメディが苦手だったりと、役柄の得手不得手がありました。でも、いまはいろいろな経験ができるという意味では、あまりどちらが楽しいという基準で役柄を見なくなりましたね。『青葉家のテーブル』もそうですが、映画や舞台だと割と普通の役をやることもあるですが(笑)。

――そういう役が多いことについて、心当たりはありますか?

忍成修吾:2001年に公開された『リリイ・シュシュのすべて』という岩井俊二監督の映画があるのですが、その中で結構強烈ないじめっ子の役を演じたんです。自分自身でもすごく心に残っている作品なのですが、かなり大きな反響もいただきまして……。映画ってかなり長い時間残るものだったりもするじゃないですか。その印象があったのかもしれません。あと僕らの世代は、“学園ドラマ”も多かった。20代前半は学園ものでいじめっ子や、繊細な優等生、引きこもりの役などが続いたんです。そこからイメージがついたのかなと。

――そういった役柄が続くことへの葛藤みたいなものはありましたか?

忍成修吾:いや、それぞれまったく同じキャラクターではないので「またか」みたいな感情はまったくありませんでしたね。ただ、先ほども言ったように俳優として不得手な部分が増えそうだな……という不安のほうが大きかったですね。

■「良い感情でも悪い感情でも、人の心を動かすというのは役者冥利に尽きる」

――お芝居で悪い役や嫌な役を演じることで、私生活で困ったことなどはありましたか?

忍成修吾:お会いして話をすると「怖い人だと思っていました」とよく言われますね(笑)。僕はお芝居が好きでこの世界に入ったので、割とそういう狂気的なイメージを持たれるというのは、自分の芝居がちゃんとできているということなのかな……とプラスに捉えていました。「ありがとうございます」と受け答えることが多かったです。

――殺人犯など、実際の生活では経験し得ないような役柄を演じるうえで、心掛けていることはありますか?

忍成修吾:若いころはひたすら想像して、自分の周囲の人でどこか似ているなと思う人を思い浮かべて、役と自分を少しずつ合わせていく作業をしていました。年齢を重ねていろいろな現場を踏ませてもらうことで、いまは台本を読んでキャラクターの人物像や話し方まで頭のなかでより立体的に想像できるようになってきました。まずは自分で考えた人物像を現場に持っていき、共演者や監督と話をしながら、調整していくという感じです。

――悪役を演じるうえでのやりがいは?

忍成修吾:笑われたり、憎まれたりって、普通に生きていくうえでは、あまり経験したくない感情だと思うのですが、僕ら役者にとって、そういう風に思われる役を演じることは、すごく大事。良い感情でも悪い感情でも、人の心を動かすというのは役者冥利に尽きるし、面白いことだと思っています。そのシーンでどう動こうか、僕は常々考えていて、作品に入ったときは日常生活で「これがヒントになるかも」と気付くと、スッと仕事モードに切り替わるんです。シーンの山場でどんな表情をするかとか、練習を始めちゃったりもします。ふとした瞬間にやってしまって、「なにしてんの?」って周囲に言われたり(笑)。

――パブリックイメージよりも、俳優として作品に彩を添えた方がやりがいになるんですね。

忍成修吾:そうですね。それはあると思います。だからこそ、普段の言動には人一倍気をつけています。なんか感じ悪い態度とったら「やっぱりあいつ嫌な奴なんだな」って思われちゃいますからね(笑)。

■『リリイ・シュシュのすべて』が原点に「作品にいろいろなことを与えてもらった」

――転機となった作品はやはり『リリイ・シュシュのすべて』になるのでしょうか?

忍成修吾:そうですね。もちろんどの作品でもいろいろな方と出会い、思い出もいっぱいあるのですが、やっぱり『リリイ・シュシュのすべて』は衝撃的でした。正直、あそこまで構ってもらったのも初めてでした。

――構ってもらった?

忍成修吾:デビューしてから、基本的にたくさんいる俳優さんのなかの一人という扱いが多かったのですが『リリイ・シュシュのすべて』の現場では、シーンごとにしっかり岩井監督と話をして撮影していきました。映画作りについて学べたので、完成したときの作品を観たときの感動もひとしおでした。

――岩井監督とお仕事して印象に残ったことは?

忍成修吾:映画が公開されたあとに「すごく褒められたかもしれないけれど、あれはいいところだけ切って繋げたんだからね」と冗談交じりに言われたんです。確かにものすごく時間をかけて撮ったので、とても多くのシーンは捨ててしまったんですよね。自分がうまく演じられたということではなく、作品にいろいろなことを与えてもらったなということを感じました。デビューして間もないころに、そんな作品に出会えたことは本当にありがたかったですし、幸運だなと思っています。

――ほかにも忍成さんにとって大切な出会いはありましたか?

忍成修吾:どの作品にも素敵な出会いはたくさんありました。強いて挙げるならば瀬々敬久監督(『ヘヴンズ ストーリー』など)や廣木隆一監督(『さよなら歌舞伎町』など)、舞台演出家の森新太郎さん(「幽霊」「管理人」など)には、大きな影響を受けました。特に森さんは、『リリイ・シュシュのすべて』で岩井監督にお芝居の軸を作っていただいたあと、年齢を重ねるにつれてその芝居の軸がぶれてしまった時、そこにドカッと心を入れてくださいました。

■開き直れてからどんどん芝居が楽しくなってきた「40代こそ楽しみ」

――今年3月で40歳を迎えました。ご自身のキャリアをどのように捉えていますか?

忍成修吾:年を重ねると、できない役柄もありますが、やっぱり幅はどんどん広がっていくと思っています。その意味では、すごく楽しみというか、ハマればどんどんハマれる。大人になってもらえる役ほど、中身がドラマチックになっている。ある意味で役者の仕事って沼ですね(笑)。

――以前は悪役がメインだったのが、年齢を重ねて愛されキャラに変貌される俳優さんもいますよね。

忍成修吾:そう言われれば「スカッとジャパン」(フジテレビ系)のショートドラマにも継続して出演させていただいているおかげでしょうか、お子さんから声をかけられることが多くなりました。若いころは割と子どもと接するのが苦手で、父親役もちょっと苦手だったりしたのですが、いまはそういった部分もすんなりできるようになってきました。それも年を重ねたからこそ。なにごとも経験になるなと感じています。

――40代、なにか目標はありますか?

忍成修吾:なにか“これ”という目標はないのですが、30代がとても楽しかったので、もっと楽しくなるだろうという期待はあります。僕は本名でやっているので、若いころはダメ出し=自分を否定されているようで傷つくこともあったのですが、だんだんと開き直れるようになってからは、どんどん芝居が楽しくなってきました。

――開き直れたきっかけはあったのですか?

忍成修吾:30代になって劇的に仕事が少なくなった時期があったんです。そのとき辞めちゃった友達の役者もいたのですが、いろいろな人の助言や出会いで、「役者の仕事だけにしがみつかなくてもいいんだ」と思えたんです。それでプライドみたいなものがねじ曲がらずに済んで、開き直れたんです。

――もう怖いものはないですね?

忍成修吾:そうですね。だからいまはどんなことがあっても楽しめるようになっていると思います。40代もすごく楽しみです。

(取材・文・撮影:磯部正和)