シンガー・ソングライターで俳優の星野源(40)が、25日深夜放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週火曜 深1:00)に生出演。19日に女優の新垣結衣(32)と結婚すると発表して以降、初の『ANN』となったが「ちょっとたくさんメールをいただいておりましてね(笑)。先週の水曜日に発表になったんでございますが、私星野源、この度新垣結衣さんと結婚する運びとなりました」と自身の口で伝えた。

【動画】報道陣からの祝福に笑顔を見せる星野源

 今回の結婚発表を受けて『ANN』仲間から、さまざまな祝福が寄せられたことに触れ「若林さんもお話してくれて、ちょっとグッときましたね。たくさんの方がいろんなところで話題にしてくださって。きのうの菅田将暉くんとか、直前のYOASOBIも、岡村さんも…」と感謝。「若林さんが『内容を言わないよ』って言っていたのが、すごくステキだなと思って…。僕は内容を言ってもらってもいいのですが、芸人さんって、笑いにしなきゃいけない仕事じゃないですか。笑いの種類としては、くさしたり、ちょっとすかしたり、イジったり、そういう方向がまだまだスタンダードだと思うんですね、そんな中、若林さんが一切くさらせず、春日さんのお話も交えながら、めちゃくちゃ笑わせてくれたっていうのが、かっけーって。やっぱり改めてすげーなと思いました。放送を聞きながら『かっけー』って言っちゃいましたね」と思いを伝えた。

 22日深夜放送の『オードリーANN』では、若林が結婚の報道を聞いた時の心境について「すごくうれしいなって思って、(高橋)真麻から聞いて。収録終わって、楽屋戻って、スマホを見たら、着信があって、見たらさ、星野源さんって書いてあって…。番号は知っていたけど、交換したんだけど、着信があったことはないから」と回顧。「やっぱりうれしかったよ。エッセイとか対談をやらせていただいたっていうのがあるのかな。着信があって、メールもいただいていて、うれしいからだろうね、テレ東から、星野さんの『恋』を聞きながら、星野さんセレクションを聞きながら帰っていたの。この後に、これを歌っている人と電話するって緊張してくるかなと思って、止めたりして…」と緊張のひと時を語った。

 帰宅後、星野に伝えたいことをしっかりメモしたようで「あんまり長くてもダメだし、切り際の1個手前の話も大事だなとか、ちょっと笑ってもらいたいなとか、知ったような口は絶対にきいちゃダメだなとか。4つくらい書いたかな。奥さんによそいきのオレの声を聞かれたくないから、車の中でスマホを握りしめて、震える手でボタンを押したね」とコメント。「内容はしゃべらないけど、立てていた予定ボロボロに崩れて、ただただ何回も『おめでとうございます』っていう(笑)。星野さんの話で笑ったからね、ハハハ(笑)。うまくいかないね」と反省した。

 25日夜、ニッポン放送入りした星野は、報道陣から結婚を祝福されると笑顔。集まった報道陣を見かけると星野は「わぁすごい。すみません。ありがとうございます。こんなの見たことない」と照れ笑い。報道陣から祝福されると「ありがとうございます!」と感謝の言葉を並べた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。