自転車カゴに大きな荷物をのせているとき、自分は乗らずに転がして歩くことも多いだろう。 パナソニック サイクルテック株式会社は、国内で初めて(※1)押し歩き機能を搭載した電動アシスト自転車『ビビ・L・押し歩き』を7月6日より発売すると発表した。

【写真】こんなボタン見たことない! 国内初の“押し歩きモード”搭載自転車

 電動アシスト自転車の市場は年々拡大し、普段の買い物や子どもの送り迎えなど、さまざまな用途で使用されている。また、近年は高齢者の運転免許自主返納後の移動手段としても選ばれることも増えている。

 一般的に電動アシスト自転車はモーターのアシストにより快適に移動ができる反面、その質量により、自転車の押し歩き時に負荷がかかるという課題がある。2019年12月1日に改正道路交通法が施行され、原動機の駆動により押し歩きを補助する自転車も、歩行補助車等となり、歩行者としてみなされることとなった。改正道路交通法では押し歩き時の駆動速度が6 km/h以下であること、乗車装置(サドル)が使えず乗れないこと、自転車から離れると駆動が止まること、という3つの条件が定められている。

 パナソニック サイクルテックではこの条件を、4つのセンサー(サドル傾斜センサー、モーター内蔵センサー、トルクセンサー、スピードセンサー)による制御で解決。電動アシスト自転車の押し歩きを補助する機能を、買い物に便利なショッピングシリーズ『ビビ』の中でも、とくに高齢者の使用率が高い軽量モデル『ビビ・L』に搭載する。歩道橋や駐輪場のスロープ、坂道などで押し歩き時の補助が可能となる。

※1 2019年12月1日施行 改正道路交通法で原動機を用いる歩行補助車等と駆動補助機付自転車の双方の型式に適合した自転車