『第35回童謡こどもの歌コンクール』で史上最年少銀賞を受賞し、SNSで話題の「ののちゃん(村方乃々佳)」が、26日に初のソロ・アルバム『ののちゃん2さい こどもうた』で史上最年少歌手としてデビューした。同日より、各種サイトでの楽曲配信も開始。また、アルバムより「ママのおなか」のMVをYouTubeにて公開した。

【動画】村方乃々佳ちゃんの等身大のかわいらしさを堪能!「ママのおなか」MV

 ののちゃんの最大の魅力は、心のままに感じるままに歌い上げる無垢な姿勢。大人のように「上手く唄おう」という狙いのない純粋な、まさに天使の歌声が、国境を越え世代を超え、大勢の人々の心を魅了している。アルバムは、そんな “2歳らしさ”をコンセプトに、ののちゃんの日常をそのままのぞき込んだような、飾らないありのままの歌声の魅力が詰まった作品になった。

 誰もが知っている童謡「ぞうさん」や、大人気の手遊び歌「おべんとバス」、おかあさんとのほのぼのとした掛け合いの入った「大きくなったら なんになろう?」など全12曲を収録。

 現在動画再生回数が1890万回を超えるなど大ブレイクのきっかけとなった「いぬのおまわりさん」は、今回のアルバムのための新録に加え、2歳5ヶ月でコンクールに出場した際のライブ音源をボーナストラックとして収録。数ヶ月の間に成長したののちゃんの歌声が楽しめる。

 収録曲のひとつである「ママのおなか」のMVでは、おかあさんとのピクニック風景をうつしている。アルバムジャケットにも登場している、ののちゃんのお友達「うふちゃん」に見守られながら、もりもりお弁当を食べる様子や、おままごとを楽しむ様子、転んで泣いてしまう様子など、2歳の等身大のかわいらしさを堪能することができる。