今週(2021. 5/14~5/20)のYouTubeチャートTOP100の週間総視聴回数は、前週比2.5%増となりやや持ち直した。

【動画】一発撮りのパフォーマンス「THE FIRST TAKE」で披露した、変態紳士クラブ「YOKAZE」

 3週連続1位となったのはAdoの「踊」(視聴回数636.1万回)。前週と比較すると視聴回数は若干減少した。2位は前週同様BTS「Dynamite」(同550.6万回)となり、前週よりも視聴回数は増加。3位(前週4位)はYOASOBI「怪物」(同455.6万回)となった。

 14位は、YouTubeやTikTok等の動画投稿サイトで活動中のマルチエンターテイナー・P丸様。の「シル・ヴ・プレジデント」(同256.6万回)。前週37位から急上昇した。同曲は、3月に発売したファーストフルアルバム『Sunny!!』の収録曲で、ボカロPのナナホシ管弦楽団、岩見陸が手がけた楽曲。SNSでフィンガー・ダンスが注目を集め、ランキングを駆け上っている。

 19位(前週100位)には乃木坂46の新作「ごめんねFingers crossed」(同178.7万回)。6月にリリースするシングル表題曲のミュージックビデオ(MV)では、“カーレース”がテーマとなっており、「与田祐希・賀喜遥香・遠藤さくら」チームと「齋藤飛鳥・生田絵梨花・山下美月」チームのスピード勝負が展開されるというもの。実際にレース仕様にチューンナップされた6台の車と共に撮影された映像は、これまでの乃木坂46のMVにはなかった世界観となっている。

 20位(前週84位)は、東京事変の新作「緑酒」(同171.3万回)。『WBS ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)のエンディングテーマとして書き下ろされた楽曲。作詞は椎名林檎、作曲は伊澤一葉が手がけた。三々五々集まったメンバーが支度を整え美酒佳肴を囲む姿や、大自然の中での演奏シーンが印象的なMVは、小物に至るまで1つひとつにメッセージが込められている。5月14日放送の音楽番組『ミュージックステーション』に生披露したことが、急上昇の要因となった。6月には同曲も収録された10年ぶりのオリジナルフルアルバム『音楽』がリリースされる。

 29位は3人組ジャンルレスユニット・変態紳士クラブ「YOKAZE」(同133.6万回)。ストリーミングでロングヒット中の「YOKAZE」をYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で披露して大反響を得た彼らは、5月14日にテレビ朝日系『ミュージックステーション』、15日にNHK総合『シブヤノオト』に初出演して同曲を披露。これがきっかけで、同曲のMVの視聴回数を一気に上昇し、初のTOP30入りとなった。19日には再び「THE FIRST TAKE」に登場して「すきにやる」を披露しており、同曲もTOP100入りしている。