日本、韓国、中国の参加者たちがデビューに向けて挑戦する、新たなグローバルガールズグループデビュープロジェクト『GIRLS PLANET 999:少女祭典』が、今年8月よりABEMAで国内独占無料放送されることが決定した。

【写真】日韓中のガールズオーディション『GIRLS PLANET 999:少女祭典』がついに始動

 同番組は、日本でも大人気となったドラマ『愛の不時着』や『スタートアップ:夢の扉』の製作をはじめ、アジア映画初のアカデミー作品賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』の投資制作・配給、ENHYPENが誕生し話題となった『I-LAND』、IZ*ONEやJO1ら数多くの人気グループを輩出した『PRODUCE』シリーズといった、数多くの人気番組を手掛ける韓国のエンターテインメント企業CJ ENMによる、2021年最も注目の新たなオーディションプロジェクト。

 言語も文化も違うが「グローバルガールズグループデビュー」という同じ夢を抱く日本、韓国、中国の若き参加者たちの、地域を超えた仮想の世界『ガールズプラネット』で繰り広げられる、夢に向けた旅路と成長過程に密着する。

 このたび、本プロジェクトの新たなティザー映像が解禁され、応募総数1万3000人の中から、日本、韓国、中国の3つの地域で行われたオーディションを通過した各地域33人、合計99人が本プロジェクトに参加することが決定。この99人の中から、世界で活躍するガールズグループとしてデビューするのは一体誰なのか。

 日本、韓国、中国の16億人を巻き込んだ史上初のグローバルガールズグループが誕生するまでの軌跡を、日本語字幕付きで配信する。