人気グループ・A.B.C-Zの河合郁人が、25日放送の日本テレビ系バラエティー『踊る!さんま御殿!!』(毎週火曜 後7:56)に出演。『コンプレックスのある有名人SP』を送る今回、トークテーマ「コンプレックスのせいで残念な思いをしたこと」では、河合が「顔がコンプレックス」と告白する。

【写真】人気アニメ『呪術廻戦』声優・榎木淳弥も登場

 かつて、故・ジャニー 喜多川さんから「YOUは顔の下半身がブサイク」と言われたことがあるという河合。さらに顔について、雑誌の撮影でジャニーさんから怒られたことも。その理由にさんまは思わず爆笑。また、MCについてジャニーさんに相談した際には、あるアドバイスを受けたことも明かす。

 念願の初登場にオープニングから興奮状態の河合は開口一番に番組のいいところを熱弁。さんまから「ジャニーズの先輩モノマネ」を振られ、木村拓哉や松本潤のモノマネをしてみせるも、さんまやアンタッチャブルから「完全にバカにしてる」とイジられてしまう。

 このほかにも、世界大会優勝という実績を持つ空手家でありながら、現役の看護師という長野じゅりあ、話題のアニメ『呪術廻戦』主人公・虎杖悠仁役を務める人気声優・榎木淳弥が初登場。「小学生の時、3日間しゃべらなかった」「今でも仕事がない日はしゃべらない」など、物静かな印象の榎木。ところが、徳島えりかアナウンサーの「個性が無いので自己紹介に困る」というエピソードから、自己紹介ギャグのトークになると、榎木は「僕もあります」と自ら披露し周囲をあ然とさせる。

 若手俳優の草野大成は、その内山信二そっくりの見た目に、さんまは初登場とは思えない親近感を抱いた様子。「恋愛経験ゼロ」という草野を心配し「好きなタイプ」などをあれこれ聞きだすと、同じくゲストの鷲見玲奈のファンであることが判明。2人をなんとかつなげようと、さんまが猛プッシュし始める。また、同局2年目の忽滑谷こころアナは、その珍しい苗字ならではのエピソードに、さんまは「ウソはアカン!」とダメ出し。先輩の徳島アナが「日本テレビでは変わった苗字のアナウンサーが出世する」とフォローする場面も…。

 また『M-1グランプリ2020』ファイナリストの錦鯉は、長谷川雅紀が「奥歯が無いコンプレックス」のおかげで、仲良しのタカアンドトシにとてもいい思いをさせてもらったというエピソードを披露。さらに、さんまが止めるのも聞かず、調子に乗ってトークを続けるも悲惨な結果に…。