人気グループ・Snow Manのラウールが、1日発売のファッション雑誌『bis』7月号増刊(光文社刊)に初の単独表紙を飾っている。グループでは最年少センターとして圧倒的な存在感を放つラウールが、純白を身にまとい透明感を漂わせたカバーと、8ページの特集に登場する。

【写真】通常版の表紙を飾るのは…透明感たっぷりな宮脇咲良

 今号のテーマ『Utopia』(ユートピア)をイメージしたフューチャリスティックな撮影に挑戦。ラウールは「光る玉を持ったり、蝶々がいたり、海にいるような感じがした場面もあって楽しかったです。この写真を見てくれた人が癒されてくれたらいいなと思いました!」と満足げに感想を語る。

 また、インタビューでは自分にとってのユートピアや理想の将来、そして大好きなカルチャーについても。ピュアなキャラクターの内側にある、人を惹きつける強いアイデンティティを感じるカバーストーリーでは、オールホワイトコーデやエフォートレスなチルファッション4ルックを披露している。