女優の壇蜜(40)と子役のアナスタシア(8)が25日、都内で行われた映画『ハチとパルマの物語』(28日公開)の舞台あいさつに登壇した。

【全身ショット】鮮やかなブルーのワンピースから美脚スラリな檀蜜

 イベントでは、本作に本人役で登場するアリーナ・ザキトワ選手のコメント映像が上映され、壇蜜は「神聖視しているアスリート」と絶賛。続けて「選手としてのパフォーマンスも素晴らしく、少女から大人の女性になっていく姿を見てすてきな人だなと感じています」と愛を語った。さらに「直接お会いしたら、舞い上がった上に奇行をしてしまう。興奮して大変なことになってしまう」と笑いを誘い、今後も「陰ながら応援する」と誓った。

 本作は、2年もの間、実際にモスクワのヴヌーコヴォ国際空港で飼い主が迎えにくることを信じて待ち続けた忠犬・パルマの感動の実話を映画化したもの。パルマを見守り、その孤独を分かち合う少年・コーリャとのふれあい、意外なきっかけで結ばれるハチ、そして大館の秋田犬たちとの絆が描かれている。

自身も秋田犬の里の館長役で出演している壇蜜は「泣かせにきてます、相手は本気です。乾いた心に染み込むような場面がたくさんある」と表現し「いろいろな事情を抱えた人が苦難を乗り越えるシーンを見てほしい」とアピールした。