日本アカデミー賞作品『新聞記者』や、東京国際映画祭作品賞(スプラッシュ部門)『i-新聞記者ドキュメント-』で官邸政治の闇や、菅首相(当時は官房長官)をウォッチしてきたスターサンズが、“今、一番日本人が知りたいこと”菅政権の正体に迫るドキュメンタリー映画を制作。たたき上げ? 権力志向? 勝負師? 菅首相の素顔(スガオ)に迫る政治ドキュメンタリー映画『パンケーキを毒見する』が、7月30日より、新宿ピカデリー(東京)ほか全国で順次公開される。

【動画】劇中の風刺アニメの感じもわかる特報

 世界が未曾有のコロナ禍に陥る中、日本はさらなる難問に直面していた…。感染が拡大するなかでのGO TOキャンペーンの強行、先進国におけるワーストとなるワクチン接種の遅れ、そして誰も責任を取ろうとしない東京五輪問題。もはや聞き飽きてしまった、不祥事や失言がある度に繰り返される“全ての責任は私にあります”という首相のせりふ。謝るが、何もしない…。これが、激動の時代の舵取りを任された日本のリーダーなのか? 果たして日本はどうなるのか?

 世間では、官房長官時代の「令和おじさん」や東京新聞記者・望月衣塑子氏との会見でのバトルが有名だが、政治家として彼がこれまでどのようなことを行い、何を考えているのかというのは意外に知られていない。

 秋田のイチゴ農家の出身で上京し、段ボール工場で働き、国会議員の秘書から始まり、横浜市議会議員から衆議院議員となった。自民党では派閥に縛られずさまざまな人物を担ぎ上げ、勝負師とも裏切り者と言われたこともあった。「世襲議員ではない叩き上げ」の首相の誕生ということもあり、“令和の田中角栄”とも評されることも…。

 しかし、菅首相が就任してから、携帯料金値下げ、ハンコ廃止、デジタル庁の新設など一般受けする政策を行う一方で、学術会議の任命拒否や中小企業改革など断行。安倍政権下では官房長官として、人事権を駆使した官僚掌握や独自に張り巡らせた情報網で、メディアをコントロールする影の支配者として君臨していただけに、いつの間にか日本中が彼の思惑どおりに管理・支配されるのではないかという不安がよぎる。

 就任早々の大手メディアの政治担当記者とのパンケーキ懇談会はその第一歩なのか?と注目され「パンケーキを食べるかどうか?」にメディアの権力に対する姿勢が問われた。果たして、菅首相はいったい何を考えているのか? 安倍政権との違いとは、コロナ対策で国民の命を預けるに値する人物なのか? “もしかしたら我々は、権力を行使したいだけの実体のない男に日本を預けてしまったのではないか…”。

 本作では、石破茂氏、江田憲司氏らの政治家、前川喜平氏などの元官僚、そのほかジャーナリストや各界の専門家が、菅義偉という人物について、そして菅政権が何を目指して、日本がどこにいくのか語り尽くす。

 さらに、菅首相のこれまでの国会答弁も徹底的に検証し、ポーカーフェイスの裏に何が隠れているのか探っていく。叩き上げの苦労人にして、ついには首相にまで登りつめたその実力、見た目からはわからない凄さや怖さ。野心を秘め、粛々と進めていくその姿は、したたかと感じている人も多いのではないだろうか。もしかしたら、今ののらりくらり、まともに答えようとしないその態度は、国民を政治から無関心にさせるための戦略なのか!?

 ふわふわに膨らんでおいしそうなのに、中身はスカスカな、まるでパンケーキのような菅政権を作ったのは、果たして誰なのか? いたずらに異議を唱えたり、スキャンダルを暴こうとするのではなく、ブラックユーモアや風刺アニメを交え、さまざまな角度から菅政権ひいては日本の「変なところ」をあぶり出す。かつてない政治ドキュメンタリー(バラエティ)映画になりそうだ。

 企画・製作・エグゼクティブプロデューサーは河村光庸氏、監督は内山雄人、制作はテレビマンユニオン、配給はスターサンズ、配給協力にKADOKAWA。