俳優の山崎賢人(※崎=たつさき)が主演する映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』(6月25日公開)より、劇中でひと際大きな存在感を放つ、山崎演じる宗一郎の大切な家族、愛猫・ピートを全面に打ち出した特別ポスターが解禁された。

【動画】オンライ限定スペシャル映像「時を超える宗一郎編」

 本作は、1956年にアメリカで発表されて以来、ハリウッド映画に多大な影響を与え、60年以上経つ今でも色褪せぬ伝説の小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)が原作。

 本作で重要な役割を果たすピートは、厳選なる“猫オーディション”から選ばれたベテラン俳優猫の2匹、寄りの表情担当“パスタ”と、アクション担当の“ベーコン”によって演じられている。とにかく愛くるしい表情で現場を和ませたパスタと、どんな場所でも落ち着いて演技ができるベーコンの演技力を、ぜひ劇場のスクリーンで確かめてほしい。

 ポスターのピートは「絶対に、君を救うにゃ」と力強い眼差しが印象的。ピートが開ける“にゃつへの扉”の先にある未来をいろいろ想像したくなる。このポスター解禁にあわせ、「みんなのピート教えてキャンペーン」の実施も決定。本キャンペーンは、飼っている猫の画像とコメントをハッシュタグ「#みんなのピート」をつけて投稿した人の中から抽選でスペシャルな景品をプレゼントするというもの。自慢の家族であり、相棒である猫たちのかわいい画像がSNSでバズるかも。

 罠にはめられ、すべてを失いながらも未来を変えるため、1995年から2025年へ、30年の時を超える科学者・高倉宗一郎を演じる山崎のほか、宗一郎が家族のように大切に想う恩人の娘・璃子役の清原果耶、30年後に目覚めた宗一郎の手助けをする人間にそっくりなロボット役の藤木直人、さらに、夏菜、眞島秀和、浜野謙太、田口トモロヲ、高梨臨、原田泰造らが出演する。監督は、『フォルトゥナの瞳』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の三木孝浩監督。主題歌は、LiSAの書き下ろし曲「サプライズ」。

■キャンペーンサイトURL
https://natsu-eno-tobira.com/neko/