女優の広瀬すずが22日、都内で行われた映画『いのちの停車場』の公開記念舞台あいさつに登壇した。

【動画】吉永小百合、広瀬すず、松坂桃李ら“映画館休業要請”に必死の訴え「悔しい」

 透け感のあるノースリーブのドレッシーな衣装で登場した広瀬。コロナ禍の緊急事態宣言下での封切りとなり「待つしかない、辛抱するしかない気持ちもあるんですけど、無事、きのう『いのちの停車場』が公開されたことを本当にありがたく、うれしく思っています」と感謝。「この時期だからこそ、映画館で観てほしいなというのが素直な気持ちです。1人でも多くの方に、この映画が届くことを祈っております」とメッセージを送った。

 原作は、都内の終末期医療専門病院に勤務する現役医師・南杏子氏の小説。今の日本の長寿社会における現代医療制度の問題点、尊厳死・安楽死などに向き合い、これらに携わる医師、患者、家族が織りなすヒューマンドラマが描かれる。広瀬は、訪問看護師の星野麻世を演じる。「お宅に訪問して治療する。なんとなく聞いたことはあったんですけど、寄り添い方がこんなにも違う世界なのかと」と口にしていた。

 舞台あいさつには、吉永小百合、松坂桃李、西田敏行、南野陽子、柳葉敏郎、みなみらんぼう、泉谷しげる、田中泯、成島出監督、原作の南杏子氏も参加した。