俳優の西田敏行(73)が22日、都内で行われた映画『いのちの停車場』の公開記念舞台あいさつに登壇。“死”を日常的に意識する年齢となった現在の死生観を明かした。

【動画】吉永小百合、広瀬すず、松坂桃李ら“映画館休業要請”に必死の訴え「悔しい」

 原作は、都内の終末期医療専門病院に勤務する現役医師・南杏子氏の小説。今の日本の長寿社会における現代医療制度の問題点、尊厳死・安楽死などに向き合い、これらに携わる医師、患者、家族が織りなすヒューマンドラマが描かれる。

 コロナ禍もあり、南氏の“生ききる”という言葉が重く響く作品となった。“いのち”について問われると西田は「齢70を超えた人間の発言をしたいと思います」と笑わせながら「生ききる。自分の死を自然死の中で迎えることができる方は本当に幸せ」と思いを口にする。紛争や自然災害など、予期しない死を迎える人も多い。「私も、その幸せな死に方をなんとか模索する。その幸せな死に方を、どういうふうに自分の中で受け入れられることができるのか。やっぱり生ききることだと思うんですよね。自分に与えられたことを一生懸命やる、やっていく。それしか手はなさそうだなと思います」と吐露する。

 「死ぬということをを日常的に考える年齢になりました。どう命をたたむか。そのことを毎日、毎日考えている。夜、寝る前は必ず1回は『あした、死んでいたらどうしようかな』と考えます。そんな人生、なんか幸せだな、と思います」と、死との向き合い方を語っていた。

 舞台あいさつには、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、柳葉敏郎、みなみらんぼう、泉谷しげる、田中泯、成島出監督、原作の南杏子氏も登壇した。