アメリカのBoom! Studioから出版されているグレッグ・パクと宮沢武史のSFコミック『Mech Cadet Yu』(Boom! Studio)を原作としたアニメーションシリーズ『MECH CADETS』の製作が決定。3DCGアニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズが担当する。2023年、Netflixにて独占配信予定。

【画像】『スター・ウォーズ レジスタンス』もポリゴン・ピクチュアズ

 アニメーションシリーズ『MECH CADETS』は、宇宙種族に襲撃された後の地球を舞台に、軍士官学校で働く少年スタンフォード・ユウが巨大ロボのパイロットとなり、仲間とともに宇宙種族に立ち向かう物語。

 脚本ならびにエクゼクティブ・プロデューサーを、歴史スペクタルドラマ『スパルタカス ゴッド・オブ・アリーナ』(2011年)、ホラーコメディドラマ『死霊のはらわた リターンズ』(18年)のアーロン・ラムが務める。

 今回の発表にあたり、ポリゴン・ピクチュアズのエクゼクティブ・プロデューサーであるジャック・リアンは「私たちは東京に拠点を置くスタジオとしてチームで多様な意見を出し、日本のアートを体現するようなストーリーを作ることが重要だと考えています。当社のミッションである『誰もやっていないことを 圧倒的なクオリティで 世界に向けて発信していく』に基づき、総監督の阿波パトリック徹、脚本兼プロデューサーのアーロン・ラムという才能にあふれたスタッフたちと共に、グレッグ・パク、宮沢武史、そしてBoom! Studiosが生み出した『Mech Cadet Yu』という素晴らしい物語を映像化できることに大きな喜びを感じています。また、この物語をつむぐことを可能にしてくれるNetflixと共に仕事ができることを光栄に思います。世界中の未来のストーリーテラーたちがこの作品に刺激を受けてくれることを願っています」とコメントしている。

■『MECH CADETS』について
 今から50年後、地球が恐ろしい宇宙種族に襲われた後の世界。スカイ・コア軍士官学校で清掃員として働く少年、スタンフォード・ユウには、たったひとつだけどうしても叶えたい夢があった。それは宇宙から地球を助けるためにやってきた巨大ロボ、ロボ・メックのパイロットになること。やがて、その夢は現実のものとなり、スタンフォードは彼のクラスメートたちと共に宇宙種族による新たな脅威から人類を守る戦いに挑む。