17日放送の日本テレビ系バラエティー『人生が変わる1分間の深イイ話』(後9:00)では、約5ヶ月にわたって行われてきた声優養成所「アクセル・ゼロ」への長期密着企画「私の声が届く、その日まで~声優デビューへの道!」最終回が放送された。

【動画】イケボで叫び「ごめんね」 ファンに笑顔で謝罪した森川智之

 番組では、合格発表当日の様子に密着。生徒たちと向き合うのは、声優事務所「アクセルワン」の代表でもある“帝王”森川智之で、合否発表を行う際には、受け持つ生徒38人と個別で面談を行う。合計7時間以上かけて、直接合否を伝えるというスタイルを採用している。

 合格となった生徒に対して、森川は「すごく緊張する子だったけど、緊張も克服して、努力して集中力もついたし、それが伝わってきたので、その評価です。一緒に頑張りましょう」と優しく呼びかけた。一方、惜しくも不合格となった生徒に向けては「シビアに言わせてもらうと、武器になる何かがほしい。僕らは選ばれる側だから」と伝えた。

 不合格となった生徒が退出した後には、森川が「頑張っている。頑張っているんですけどね、すごくわかる」とポツリとつぶやく一幕も。改めて生徒たちに伝えたい思いとして「本当は体育の先生になろうと思っていて、僕自身が夢をあきらめた人間ですから。アメリカンフットボールをやっていて、頚椎(けいつい)損傷してしまって。全然違う職種でも、一生懸命それに向かって努力したものって、絶対その後の人生に影響すると思うんです」と語っていた。

 SNS上では、森川の社長としての姿勢について「社長自ら合否を伝えなければならないのか」「厳しいことを言っているけど、森川さんもつらいんだろうな」「森川さんの指導に愛がある」「森川さんの愛ある言葉に泣いてしまいました」などの声が相次いで寄せられた。