お笑いタレントのだいたひかる(45)が21日、自身のブログを更新し、受精卵の移植で妊娠した子を発表した。

【写真】「整形はしていない」兄との写真を掲載しただいたひかる

 14日に移植を行っただいたは、「おかげさまで妊娠していました 今3週と5日だそうで、普通妊娠なら気付かないレベルの初期ですが…受精卵がしがみついて着床してくれました!」と報告。

 「まだまだ第一関門突破という感じで、高齢なので流産率が高いのも現実なので…」と現状を明かしながら、「折角の卵を大切に守り、今は安定期を目標に 穏やかに過ごしたく思っております」とつづった。

 だいたは2013年にアートディレクターと再婚し、不妊治療中の16年1月にステージ2Bの乳がんと診断され、同年2月に右乳房の全摘出手術。そして、19年2月下旬にはブログで、全摘した方の右胸にしこりが見つかり「切除手術をして、良性か悪性か見極めることになりました」と告白。翌3月6日に胸のしこりの切除手術を受けていた。

 昨年9月、乳がんの治療を中断し、不妊治療の再開を公表した。