女優の篠原ゆき子と倉科カナが21日、都内で行われた映画『女たち』(6月1日公開)の公開祈念イベントに参加。篠原は公開できる日を待ち望み、涙ぐむ一幕があった。

【全身ショット】スケスケドレスで登場した倉科カナ

 本来なら公開日だった、この日。政府の緊急事態宣言もあり、公開延期となったが、公開を記念するのではなく、祈念するためのイベントを開催した。

 撮影も新型コロナウイルスの影響で困難を極めた。最後のあいさつで篠原は「今、コロナ禍で本当に、この作品も公開できるのか…。祈念というのが、その通りなほどわからない状況です」と話す。そして「でも、もっとシビアに、この先がわからない人がいっぱいいると思う。私は、こんなすてきなところに立たせていただくなんて思ってもいなかった人生。もしかしたら明日、いいことがあるかもしれない。それを、どんどんつなげて、どうか生きていってほしいなと思います」と涙ぐみながらメッセージを送っていた。

 映画は、とある山あいの小さな町を舞台に「壊れゆく女たち」の姿を描いた作品。主人公の美咲(篠原)は40歳を目の前にした独身女性で、夫の自死を受け入れられない母・美津子(高畑淳子)と暮らしていた。倉科は、美咲が唯一心のよりどころとしている親友・香織を演じるが、彼女もまた人知れず心に深い闇を抱え、精神を患っているという役どころとなっている。