ディズニー&ピクサー『あの夏のルカ』(6月18日よりディズニープラスで独占配信開始)の日本版キャストが明らかになった。北イタリアの美しい港町ポルトロッソを舞台に、“シー・モンスターの少年の憧れと友情”を描く本作。新たな冒険の主人公で<人間の世界>に憧れるシー・モンスターの少年ルカ役には、6月9日に12歳の誕生日を迎える阿部カノンが抜てきされた。

【動画】『あの夏のルカ』日本版予告

 阿部は、2015年に映画『ギャラクシー街道』でデビュー後、ブロードウェイミュージカル『Kinky Boots』(18年)でヤングローラ役を射止めた阿部。気は小さいが冒険心にあふれるルカの無邪気なキャラクターを等身大に表現する。

 そして、ルカの親友で<人間の世界>を知るシー・モンスターのアルベルト役には、ネクストブレイクとして注目されている若手俳優の池田優斗が決定。6月25日に16歳になる池田は、10年に俳優として活動をスタートさせ、20年の大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)で徳川家康の少年時代を演じたほか、今年はドラマ『青のSP―学校内警察・嶋田隆平―』(カンテレ・フジテレビ)、『ここは今から倫理です。』(NHK)にレギュラー出演し、今後の活躍が期待されている。

 オーディションで見事にルカとアルベルト役を射止めた二人。阿部は「ルカ役に選ばれたと聞いた時は、本当はドッキリなんじゃないかと思ってしまいました。ピクサーの映画が前からずっと大好きだったので、すごくうれしかったです」と、大好きなピクサー作品への参加が決まったことに驚きを隠せなかったことを無邪気に明かした。

 池田も「アルベルトというやんちゃな男の子の役を僕がやるとなって、めちゃくちゃうれしくて、早く台本が読みたいというワクワクした気持ちになりました」と本作に参加できた喜びを語った。

 今回、アフレコ初日に二人揃って収録をしたといい、「すごく楽しかったです!最初は本当にずっと緊張しちゃっていたんですけど、(池田が)優しく話しかけてくれて楽しく収録できました」(阿部)、「収録の間に話した時間はカノンくんが演じるルカの感覚もつかめましたし、初日はすごく大事な時間だったなと思います」(池田)と、語っていた。

 また、劇中で「乗り物に乗って空に飛び上がったり、海に落ちるときに叫ぶところがいっぱいあって、そこが楽しかったです!」(阿部)と教えてくれたように、夏映画らしい爽快感や、北イタリアの港町の美しい映像も、本作の見どころと言えそう。阿部は「この映画は勇気がもらえる映画だと思っているので、新しいことにチャレンジしたい人に観てもらいたいです」と、アピールしていた。

 このほか、ルカとアルベルトに人間の世界を教える少女ジュリア役に福島香々、町のいじめっこエルコレ役に浪川大輔、ルカの母ダニエラ役に高乃麗、ジュリアの父で漁師のマッシモ役に乃村健次、そしてルカの父ロレンツォ役に磯部勉が脇を固める。