歌手で俳優の星野源(40)と女優の新垣結衣(32)が19日、所属事務所を通じて結婚することを発表した。星野の所属事務所によると、交際期間は「『逃げるは恥だが役に立つ』SP(2021年1月放送)での再会をきっかけに、関連する撮影を全て終えたあと、結婚を前提にということで交際を始めました」と明かした。婚姻届は「今後時期を見て」提出される。

【写真】星野源&新垣結衣、ラブラブ手つなぎショット

 発表のタイミングについては「結婚を前提にしたお付き合いでしたので、その時期については当初から話し合っており、今の世の中の状況や、互いの今後のお仕事の状況などをすり合わせ、互いにサポートし合っていくために考慮した結果、このようなタイミングでのご報告となりました」と説明。

 現在は同居しておらず、挙式や披露宴の予定も未定。新垣は今後も活動を継続する。

 2人は連名で「私たち、星野源と新垣結衣は、このたび結婚する運びとなりました事をご報告させていただきます」と報告。「これからも互いに支え合い豊かな時間を積み重ねていけたらと思っております。未熟な二人ではございますが、温かく見守っていただけますと幸いです」と呼びかけ「今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。最後になりますが、新型コロナウイルスの感染拡大が1日でも早く終息する事を、心よりお祈り申し上げます」と記した。

 星野は、1981年1月28日生まれ、埼玉県出身。シンガー・ソングライターとして活躍する一方、2013年に映画『箱入り息子の恋』で主演したほか、NHKバラエティ番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』など、数々のドラマや映画、舞台に出演。新垣は1988年6月11日生まれ、沖縄県出身。ティーン誌『nicola』のモデルを経て、女優に。ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(日本テレビ系)など数多くのドラマや映画に出演している。

 2人は2016年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系、通称:逃げ恥)で共演し、夫婦役を演じた。また同ドラマの“恋ダンス”が大きな話題をよんだ。