女優の新垣結衣(32)と歌手で俳優の星野源(40)が19日、所属事務所を通じて結婚することを発表した。なお、新垣は、所属するレプロエンタテインメントと新しい契約を結び、自身のスタイルで活動していく。

【写真】星野源&新垣結衣、ラブラブ手つなぎショット

 公式サイトで星野との結婚を報告した新垣。もう一つ、「応援してくださる皆さまへ、お伝えしたいことがあります」とし、「上記とは関連性のない事で大変恐縮ですが、この度、私、新垣結衣はレプロエンタテインメントとの専属マネジメント契約を終了し、今後は個人として活動していくことになりました」と伝えた。

 「熟慮の末、お仕事を始めてからちょうど20年という節目に皆様にご報告する運びとなり、なんだかまるで二度目の成人を迎えたような、未知への不安と希望が入り混じったような当時の気持ちが蘇り、不思議な巡り合わせを感じております」と語った。

 「これからもより一層、お仕事一つ一つに、そのすみずみに、責任と真心を持って向き合い、なにより、楽しむ気持ちと感謝の気持ちを大切にしながら歩んでゆけたらと思っています」と心境を語った。「なお当面は、レプロとのマネジメント契約を一部継続し、引き続きサポートしていただく形で、自分のスタイルをじっくりと構築してまいります。至らないこともあるかとは思いますが、どうぞよろしくお願い致します」としている。

 「最後に、新型コロナウイルスの感染拡大が一日も早く終息することを心から祈っています」とし、「私自身もこれからも引き続き、感染対策を徹底して参りたいと思います。家族が、仲間が、皆さまが、どこかの誰かが、どうか無事で、心身共に元気でありますように。元気でなくても、祈っています」と結んだ。

 星野は1981年1月28日生まれ、埼玉県出身。シンガー・ソングライターとして活躍する一方、2013年に映画『箱入り息子の恋』で主演したほか、NHKバラエティ番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』など、数々のドラマや映画、舞台に出演する。

 新垣は1988年6月11日生まれ、沖縄県出身。ティーン誌『nicola』のモデルを経て、女優に。ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(日本テレビ系)など数多くのドラマや映画に出演している。2人は2016年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系、通称:逃げ恥)で共演し、夫婦役を演じた。また同ドラマの“恋ダンス”が大きな話題をよんだ。