俳優・玉木宏が主演するテレビ朝日系ドラマ『桜の塔』(毎週木曜、後9:00)。きょう20日放送の第6話からは、勢力図も様変わりした5年後の警視庁を舞台に、第2部「リベンジ編」が開幕する。父を“自殺”へ追いやった千堂大善(椎名桔平)への復讐を誓い、5年間、虎視眈々と“その時”を待ち続けた主人公・上條漣(玉木)が、新たな下剋上・出世バトルを仕掛けていく。

【写真】決意の表情を見せる玉木宏

 千堂を失脚させるために決死のクーデターを起こすも、完膚無きまでの失敗に終わり、千堂の娘・優愛(仲里依紗)と結婚式を挙げてから5年。着実にエリートコースを歩んでいる漣は警視庁捜査二課の課長に着任。かたや、義父である千堂は副総監の座にまで上り詰めていた。そんな中、漣は国会議員による受託収賄罪の証拠をつかむが、千堂から立件許可が下りず。

 その裏に見え隠れするのは、次期警視総監の座をめぐるレースで王手をかけようとする千堂の思惑。「あの男に警察トップの座は渡さない!」。漣は5年間ひた隠してきた牙をついに剥き、立ち上がることになる。奇しくも義理の父子となった漣と千堂は、警視総監の座を賭け、真っ向から火花を散らしていく。

 「このままじゃ終われない…。終わらせない」と心に誓うこと5年。今度こそ漣は、千堂を失脚させることができるのか。正義のため悪魔に魂を売った男・漣と、サッチョウの悪魔と呼ばれる千堂。義理の親子の絶対に負けられない戦い。第1部から繰り広げられてきた警視庁内の派閥争いにもまさかの新勢力が出現するなど、ますます激化する第2のバトルから目が離せない。

 『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(2019年)など話題作を手掛けた脚本家の武藤将吾氏が生み出す物語と並び、『桜の塔』の魅力としてあげられるのは、キャスト陣の熱のこもった芝居合戦。第2部には、名バイプレイヤーである尾美としのり、野間口徹も新たに参戦する。尾美が演じるのは、千堂を副総監に選んだ張本人で、「関心があるのは、私に従うか、従わないか。その二択だけだ」と断言する新警視総監の矢上。そして、野間口が演じるのは「千堂派」の一員で、千堂に絶対服従の刑事部長・土門義郎。千堂を倒そうとする漣にとっては、両者ともに大きな壁となる存在。彼らの登場によって、物語はどんな方向へと転がっていくのか。