アウトドアブームが続く中、ユニークでオシャレなアウトドア用品も増えている。そんな中、乗り物関連の雑貨を販売するCAMSHOPが20日、フォルクスワーゲン(VW)T1バスのクーラーボックスを発売した。フォルクスワーゲン公式ライセンス商品で、ファン歓喜のアイテムだろう。

【画像】「使うのもったいない!」丸いフォルムがかわいいクーラーボックス使用例

 同商品は、ゴム製の車輪が付いたバス型のクーラーボックス。車体の下に収納されたレバーハンドルを引いて移動する姿は、まさにバスそのものだ。26Lという大容量で、25度の室温がキープできる。中には水抜きの栓が付いており、簡単に水抜きができるほか、ドア部分にロックが付いているため、移動中に中身があふれ出ることもない。

 昨年6月に販売された「第一世代」が完売したことから、使いやすく改良した「第二世代」として発売されたもの。実用性を重視するユーザーの要望を受けて、機能性が大幅に強化された。なお、改良後にMGSL(一般財団法人日本文化用品安全試験所)より、ボックス内の温度測定試験を実施したところ、環境温度25度において、7時間同じ温度を保てることが証明された。

 大きさは、奥行き84センチ、幅38センチ、高さ46センチ。重量13キログラム。価格は6万6000円(税込)。