俳優の鈴木亮平が主演を務める、TBS日曜劇場枠の7月期ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(毎週日曜 後9:00)の追加キャストとして石田ゆり子、菜々緒、仲里依紗らの出演が決定した。

【写真】最新鋭の機材とオペ室を備える“ERカー”

 物語の舞台となるのは、都知事の号令で新設された「TOKYO MER」という救命救急のプロフェッショナルチーム。“MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称。最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施す。そして“一人も死者を出さないこと”が、彼らに課されたミッションである。

 “日曜劇場初主演”を飾る鈴木が、大事故や事件に巻き込まれ命の危機に瀕する重篤患者を救うため、自らの命の危険を顧みず危険な現場に飛び込んでいく勇猛果敢な救命救急医である主人公・喜多見幸太を演じ、厚生労働省の官僚でありながら医師でもある医系技官でTOKYO MERのチームメンバー・音羽尚を賀来賢人、心臓外科医を目指しつつもTOKYO MERを兼任させられ、日々忙殺されている研修医・弦巻比奈を中条あやみが演じる。

 今回発表された追加キャストとして、TOKYO MERの創設者である東京都知事・赤塚梓役に石田、TOKYO MERのメンバーで、看護師の蔵前夏梅役に菜々緒、喜多見と同じ病院で働く循環器外科医・高輪千晶役に仲。

 災害や事故現場で救助活動を指揮するレスキュー隊の中でも最精鋭がそろった即応対処部隊の隊長・千住幹生役に要潤、TOKYO MERのメンバーである麻酔科医・冬木治朗役に小手伸也、医療機器のスペシャリストの臨床工学技士・徳丸元一役に佐野勇斗。危機に瀕した患者を救うため、それぞれが究極の決断を迫られていく重要な役どころを務める。