2017年7月期にTVアニメが放送された『メイドインアビス』の続編となる第2期『メイドインアビス烈日の黄金郷』が2022年に放送されることが決定した。あわせてティザービジュアルも公開された。

【画像】アクションRPGで発売!『メイドインアビス闇を目指した連星』のゲーム画面

 同作は、つくしあきひと氏のファンタジー漫画が原作。奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っているという秘境の大穴“アビス”。母にあこがれ、アビスの探窟家になることを夢みている孤児のリコは、ある日アビスで少年の姿をしたロボットを拾う…というストーリー。劇場版も公開されている。

 また、『メイドインアビス』を原作とする3DアクションRPG『メイドインアビス闇を目指した連星』が、スパイク・チュンソフトより2022年に発売されることも決定。プレイヤー自身がアビスの世界に降り立ち、成長を重ねながらアビスの深層を目指す3DアクションRPGとなり、アニメを追体験するストーリーのほか、原作者・つくしあきひと氏が監修するオリジナルストーリーも用意。イベントシーンはアニメキャストによるフルボイスで展開する。