今週(2021.4/23~4/29)のYouTubeチャートTOP100の週間総視聴回数は、前週比6.8%増と、3週ぶりの前週比超えとなった。今週の1位はBTS 「Dynamite」(694.6万回)。1位獲得は、1月(集計期間1/22~1/28)以来で、今年に入り通算4度目の1位となった。

【動画】デビュー曲「うっせぇわ」が社会現象となっているAdoの新曲「踊」MV

 6位に初登場したのは、Adoの新曲「踊」(464.0万回)。4月27日の配信開始と同時にミュージックビデオ(MV)も公開され、3日間の集計でTOP10入りとなった。5月9日からNHK総合でスタートする、ボカロPにスポットを当てた新音楽番組『NHK MUSIC presents 夜光音楽 ボカロP 5min.』のテーマソングに決定している作品で、作曲・編曲を、REOL作品への参加や「劣等上等」のヒット等で知られるGigaと国内外で活躍する音楽プロデューサーTeddyLoid。独自の恋愛観で綴られる等身大の楽曲が人気の新世代サウンドクリエイター・DECO*27が作詞を手がけたアップテンポナンバーとなっている。MVは、本作のジャケットイラストも手掛けたかゆか氏による女子ボクサーの闘う姿が、無数のドローンカメラからの目線で描かれるという内容になっている。

 今年デビュー20周年を迎えるEXILEが2007年に発表したラブバラード「Lovers Again」(179.0万回)が前週TOP100圏外から急上昇して19位に、King & Princeの「Magic Touch」(173.8万回)が20位に初登場。

 EXILE「Lovers Again」の急上昇は、4月23日公開の「THE FIRST TAKE」第112回に、ボーカル・TAKAHIROが初登場して本作の一発撮りに挑戦したことや、翌24日に、EXILEの楽曲をカバーしリリースするTAKAHIROの「EXILE RESPECT」シリーズ第3弾として同曲を配信。さらに4月27日には、EXILEが本作をカップリング収録したニューシングル「PARADOX」が発売されたことで、話題を集めたことなどが要因のようだ。 

 King & Prince「Magic Touch」は、5月19日に発売されるニューシングル「Magic Touch/Beating Hearts」収録曲で、全編英語詞による構成のクールなヒップホップナンバー。今作シングルのテーマは「ダンス」。世界的なヒップホップダンサー・メルビン・ティムティムが振り付けを担当したことも話題となっており、4月26日に公開されたMVでは、メンバーのダンスパフォーマンスにフォーカスした内容となっており、グループの新たな魅力を引き出している。
 
 21位に初登場したのはENHYPEN「Drunk-Dazed」(同166.3万回)。4月26日発売の韓国2nd ミニアルバム『BORDER : CARNIVAL』からのリード曲で、牙の切れ目を手で表現した「牙ダンス」と「催眠ダンス」が振り付けのポイントとなっている。25位には、ヒプノシスマイク -Glory or Dust-「ヒプノシスマイク -D.R.B-(Division All Stars) 」(同151.8万回)が初登場。音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」2回目のバトルシーズンとなる「2nd D.R.B」のテーマソングで、全6ディビジョン18名のDivision All Starsによる楽曲。ミュージックビデオでは、この18名の3Dモデルも登場している。